転職の面接対策しなくても内定もらえる人の特徴について解説!

面接対策なしで内定獲得できる人の特徴のイメージ図

本ページはマイナビを含むプロモーションが含まれます

こんにちは、試用期間クビからホワイト企業へ転職成功したザキゆきちです。

本記事では、転職の面接対策しなくても内定がもらえる人の特徴について解説します。

また、10分でできる面接対策、面接で合格するコツについて伝授します。

ところで、転職活動で面接対策しなくても内定がもらえるのか気になっていませんか?

あるいは、面接対策って面倒、やりたくないと考えていませんか?

しかし、面接対策をしないと、転職活動は大失敗します

実際に、多くの転職者が面接対策をせず、受かるコツを知らないので、面接でたくさん落ちます。

言い換えると、ほとんどの転職者が面接対策をしないせいで内定獲得ができていません

面接対策をしなくても合格できる人は、わずかな人だけです。

確実に転職成功するためには、受かる面接のコツを押さえておきましょう。

本ブログは、試用期間で解雇されたが、ホワイト企業に転職して年収240万円アップした私、ザキゆきちが解雇から転職成功までの道を解説するブログです。

転職からクビにされた知見をもとに、失業保険や転職活動に役立つ知識をまとめています。

本記事の最後には試用期間でクビから転職成功した私が使いまくった、面接対策が無料でできるサービスを紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブワークポート
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上56,000件以上
対象年代20~40代20~30代20~50代20代20~30代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通普通
特徴ハイクラス向け20代の転職に強い圧倒的な求人数未経験者歓迎求人の半分以上が
IT,web業界
申込はこちら登録する登録するdoda登録する登録する
転職エージェントの比較
目次

転職の面接対策しなくても内定がもらえる特別な人3選

面接対策をしなくても転職活動で受かる人は、かなり特別な人です。

たとえば、次のような特徴をもっており、転職に慣れている人が当てはまります。

面接対策をしなくても転職活動で内定獲得できる人

  • ヘッドハンティングや企業から直接スカウトを受けた人
  • 自分の強みや仕事の実績が完ぺきに話せる人
  • 10回以上の転職を経験してきた人

それぞれの特徴について解説していきます。

ヘッドハンティングや企業から直接スカウトを受けた人

ヘッドハンティングや企業から直接スカウトを受けた人は、面接をしなくても内定をもらえる確率が高いです。

なぜなら、スカウトを出した企業は転職者の能力や実績を十分に知っているからです。

優秀な転職者は、説明が上手いため面接対策をしていなくても自己PRができるでしょう。

そのため、企業からのスカウトがあった場合は面接対策をしなくても内定をもらえる確率が高いでしょう。

自分の強みや仕事の実績を完ぺきに話せる人

自分の強みや仕事の実績が完ぺきに話せる人は、面接対策をする必要がありません。

なぜなら、自分の性格や仕事の成果を自己PRとして話せる人は、非常に少ないからです。

企業は、転職者が自分の強みを発揮して生産性を生み出す人を採用したいのです。

しかしながら、多くの人が自己PRを言えず、面接で落ちます

自分を魅力的に魅せられる人は、他の人より余裕で面接が通ります。

このように、自分の力を言語化して説明できる人は、面接対策はいりません。

10回以上の転職を経験してきた人

10回以上も転職をしてきた経験豊富な人は、面接対策は不要です。

面接で聞かれる質問は、どの業界や業種でもおおむね同じため、面接慣れすればスラスラと答えられます

そのため、転職を多く経験している人にとっては、面接対策は不要と言えます。

転職の面接対策をしないとヤバい人3選

面接対策をしないと撃沈するヤバい人についてもご紹介します。

具体的には、下記の通りです。

面接対策しないとヤバい人3選

  • はじめて転職する人
  • 面接で緊張する人
  • 自己PRが苦手な人

それぞれの特徴について理由を説明します。

はじめて転職する人

はじめて転職する人は、面接対策をしましょう。

なぜなら、転職は人生を左右するライフイベントだからです

自分の将来を決める転職活動で、準備をしなかったら必ず後悔します。

また運よく内定を貰えたとしても、実力よりも低い年収を提示されるかもしれません。

はじめての転職で失敗しないためにも、事前に面接の準備をしておきましょう。

面接で緊張する人

面接に慣れておらず、緊張して上手く話せないと考えている人は面接対策をしましょう。

せっかく実績や話せる力があるのに、緊張のせいで話せないことはもったいないからです。

しかし面接は一発勝負のため、やり直しはできません

たった1回のチャンスを緊張で台無しにすることはもったいないです。

面接で緊張する人は面接対策をして、内定獲得を目指しましょう。

自己PRが苦手な人

自己PRが苦手な人は、面接対策をしないと悲惨な目に合います。

なぜなら、企業はその人の自己PRが企業の求める人材とマッチしているかで採用を決めているからです。

そのため、自分の強み、弱み、できること、仕事の成果を話せない人は、面接を突破することはできません。

自己PRを説明できない人は、面接対策しましょう。

面接対策は難しくないからやるべき

転職の面接対策は難しくありません。

なぜなら、面接で聞かれる質問は決まっており、人事の評価するポイントも公表されているからです。

そのため、面接対策はコツさえ知れば、他の転職者より優位になれます

実際に、過去に試用期間で解雇になった私は、はじめは面接で緊張しすぎて思うように話せませんでした。

しかし、たった10~30分ほどの面接対策をしてから状況は一変したのです。

スムーズな受け答えができるようになり「自信がある人」と見られるようになりました。

そして、クビになった経歴を公表したうえで、4社もの企業から内定をもらい、そのうちの1社に入社が決まりました!

面接対策するだけで、転職活動は一気にチート級に有利になります。

次章で、面接でよく聞かれる質問や面接の流れについて解説していますので、参考にしてみてください。

面接の流れ

本章では面接でよく聞かれる質問、面接の流れについて解説しています。

一般的に、面接は次の順番で質疑応答が行われます。

STEP
自己紹介

はじめに、自分の経歴や実績、過去の転職経験について簡単に説明します。

STEP
退職理由(転職理由)

なぜ転職をするのか、あるいは前職を退職した理由を質問されます。

STEP
志望動機

その企業に入社したいと思う動機を聞かれます。

STEP
強みと弱み

仕事で鍛えた自分の強み、弱みを聞かれますので、しっかりアピールしましょう。

STEP
逆質問

さいごに、転職希望者から採用担当へ質問ができます。

どれも王道の質問です。それぞれ抑えるべきポイントを解説します。

1. 自己紹介

面接官に対して、簡潔かつ分かりやすく自己紹介を行いましょう。

自分自身の経歴や過去の転職した経緯について丁寧に伝えることが大切です。

職務経歴書に書かれている内容を基に、面接官から詳細な質問がされます。

特に、その会社を選んだ理由、過去に転職したことがある場合はその理由も聞かれることが多いです。

なぜなら、就職や転職した理由に仕事に対する考え方が表れるからです。

面接官は、自社の雰囲気や社員と、転職希望者の考え方が合うか、実はチェックしています。

自己紹介は、単なる自分の紹介ではなく、価値観や仕事の実績をアピールする意識が大切です。

2. 退職理由

面接では、前職の退職理由、転職する理由について聞かれます。

なぜなら、退職や転職する理由に、その人の価値観や将来のビジョンが見えるからです。

退職理由には様々なものがありますが、ポジティブな理由で伝えることが重要です。

過去に試用期間で解雇になった私は、クビになった反省をしつつ、次に活かしたいと面接で答えたところ、面接官から好印象を持ってもらえました。

このように、退職の背景やその経験をもとに、今後のキャリアプランを明確にすることが大切です。

退職理由はポジティブに言い換えることで、自己アピールにつながり好印象を与えられます。

3. 志望動機

志望動機もまた面接で必ず質問されます。

大切なのは、企業に対する理解や、その企業に入社することで自分自身が成長できるといった具体的な志望動機を伝えることです。

たとえば、営業職なら『後輩の育成に力を入れて、チーム全体で売り上げを上げられます』とアピールできます。

その場合は、マネジメント経験を志望動機に付け加えると、さらに信憑性が高まります。

このように、その企業における自分自身の役割なども考慮しながら、志望動機を語りましょう。

4. 強みと弱み

自分の強み、弱みをはっきり答えられるようにしましょう。

自分自身の強みやスキルをアピールすることも大切ですが、同時に自分自身の課題や改善点も意識しておくことが重要です。

企業は転職者ができること、苦手なこと、そして苦手に立ち向かった場合の行動について知りたいと考えています。

そのため、不向きな仕事などに対峙した時にどのように対処するか説明できると、なおよいです。

5. 逆質問

面接の終盤では、転職者から面接官へ質問できます。

必ず、2~3個は質問を用意しておきましょう。

なぜなら、逆質問をすることで企業への入社意欲をアピールできるからです。

実際に、私は面接の場で、残業時間や業務内容について積極的に質問していました。

自分自身が持つ質問や疑問点を伝えることができれば、企業とのコミュニケーションが深まり採用されやすくなります。

全ての質問の答えに自己PRを入れる

大切なことは、全ての質問の回答で自己アピールすることです。

なぜなら、面接という短い時間の中で、企業に少しでも採用したいと思わせることが大切だからです。

実際に、私は全ての面接の受け答えで自分をアピールしました。

すると採用担当者から『自信のあって、仕事に対して前向きですね』と好印象でした

このように、面接官とのコミュニケーションを通じて、自分自身の強みや価値をアピールし転職を成功させましょう。

これだけはやるべき面接対策【10分でできる】

本項目ではたった10分でできる面接対策を紹介します。

たった10分で効果が出る面接対策

  • 第一印象や見た目を綺麗にする
  • 企業に質問することを用意しておく
  • 企業理念を調べておく

面接直前でもできるので、試してみてください。

第一印象や見た目を綺麗にする

面接では第一印象が非常に重要です。見た目を綺麗に整え、清潔感のある服装を心がけましょう。

なぜなら、第一印象は、面接官が転職者の人物像を知る上で非常に重要な要素だからです。

特に、一次面接では見た目や服装によって印象が大きく左右されるので、しっかりと準備をして臨む必要があります。

転職面接においては、ビジネススーツやきちんとした服装が一般的です。

また、髪型やメイクなども清潔感のあるものを心がけることが望ましいです。

さらに、面接当日は身だしなみに気を配るだけでなく、笑顔や挨拶などのマナーも大切です。

見た目や服装の印象は、話す内容よりもインパクトがあるので気を遣いましょう。

企業に質問することを用意しておく

面接官に対して、逆質問をいくつか用意しておきましょう。

なぜなら、逆質問を通じて面接官とのコミュニケーションを取り、自分の入社意欲をアピールできるからです。

また、質問することで、企業に対しての理解を深めることができ、自分がどのような人材であるかを伝えることができます。

たとえば、次のような例が挙げられます。

面接官:「当社で働く動機は何ですか?」

転職希望者:「今回の面接で、当社の〇〇について調べましたが、〇〇についてもう少し詳しく知りたいです。例えば、〇〇においてはどのようなことに取り組んでいるのでしょうか?」

面接官:「当社の強みについて教えてください」

転職希望者:「当社の商品について調べましたが、特に〇〇に興味を持ちました。この商品の企画・開発に携わった方々は、どのような方たちなのでしょうか?」

逆質問を通じて、採用確率を高められるでしょう。

企業理念を調べておく

面接する企業の企業理念、経営理念を調べて確認しましょう。

なぜなら、企業理念は、企業がどのような価値観を持ち、どのような方針で事業を展開しているかを知れるからです。

その企業の方針と自分のキャリアプランが合致するかどうかを確認することができます。

また、企業理念を調べておくことで、適切な逆質問ができるようになります。

具体的には、企業の公式ホームページから企業理念やビジョン、ミッションなどを確認することができます。

他にも、企業の社員インタビューなども参考になります。

例えば、A社の企業理念が「顧客第一主義」である場合、自分が持っている顧客対応力や問題解決力をアピールすることにつながります。

また、B社のビジョンが「世界を変える」である場合、自分が持っているグローバルな視野や柔軟な発想力を伝えるといいでしょう。

このように、企業理念を知っておくだけで企業に寄り添った自己アピールに変わります。

必然的に、その企業からの採用率が高まります。

合格率が上がる面接対策【30分は必要】

本項目では合格率が上がる30分ほどでできる面接対策をご紹介します。

30分でできる合格率が跳ね上がる面接対策

  • 転職サイトの面接対策の動画(面接セミナー)を見る
  • 転職エージェントと面接対策をする

面接の前日まで30分だけ取り組むだけで、面接の合格率は大幅に変わります。

ぜひ参考にしてください。

転職サイトの面接対策の動画(面接セミナー)を見る

転職サイトで提供されている面接対策の動画を参考にすることで、面接での自信をつけることができます。

なぜなら、転職サイトの運営する面接対策の動画は、採用のプロの転職エージェントが解説していることが多いからです。

そのため、実際の企業の採用担当者がどのような観点で評価しているか、回答のコツを知ることができます。

ちなみに、私はdoda転職エージェントの面接対策の動画やコラムをよく見ていました。

おかげで、試用期間で解雇になった私は、年収240万円アップしてホワイト企業に転職できました。

dodaの詳細はこちらの記事で紹介しています。

【合わせて読みたい】dodaエージェントのひどい評判は嘘!dodaで転職できた実体験!

転職エージェントと面接対策をする

転職エージェントに相談して志望動機の作成、面接練習などを受けることも有効です。

なぜなら、転職エージェントは、転職活動において必要な知識やノウハウを持った専門家だからです。

特に模擬面接することで、本番の面接で自信をもってふるまえます。

しかも、転職エージェントは無料で使えます。

過去に試用期間で解雇になった私が使って良かった転職エージェントサービスは下記の通りです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブワークポート
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上56,000件以上
対象年代20~40代20~30代20~50代20代20~30代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通普通
特徴ハイクラス向け20代の転職に強い圧倒的な求人数未経験者歓迎求人の半分以上が
IT,web業界
申込はこちら登録する登録するdoda登録する登録する
転職エージェントの比較

ぜひ1つでも多く登録しておけば転職成功に近づきます。

内定獲得できる面接のコツ

内定ゲットできる確率が高まる面接のコツを解説します。

これらのコツを頭に入れて面接するだけで、一気に面接で有利になれます。

内定に直結する面接のコツ

  • 全ての回答には企業側のメリットを入れる
  • オーバーリアクションをする
  • 逆質問を2~3個は用意する

全ての回答には企業側のメリットを入れる

面接では自分の経験や能力をアピールするだけでなく、企業側にどのようなメリットをもたらすかも考えましょう。

なぜなら、企業は生産性を上げられる人材を採用したいと考えているからです。

自分の経験や能力をアピールするだけでなく、企業側にどのようなメリットをもたらすかも考えるようにしましょう。

オーバーリアクションをする

表情やジェスチャーにも気を配り、適切な反応をすることが大切です。

なぜなら、人はアクションや反応してくれる人にいいイメージを持つからです。

特にオンライン面接では、リアクションが伝わりにくいので少しオ-バー気味でも大丈夫です。

実際の面接では、リアクションが大きい方が好印象でした(笑)

ただし、あまりにもオーバーリアクションだと印象が悪くなるので注意しましょう。

面接では、少し大袈裟にリアクションして、面接官の心を鷲掴みにしましょう。

逆質問を2~3個は用意する

面接では逆質問をして企業への興味や熱意をアピールしましょう。

なぜなら、逆質問をすることで、コミュニケーションが深まり、企業の文化や環境と自分のマッチ度をアピールできるからです。

逆質問は、会社の業務内容や事業の方向性などを聞くといいでしょう。

逆質問でも自己アピールする姿勢が大切です。

面接対策についてよくある質問

本章では、面接対策でよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。

面接の準備はしない方がいいと聞きましたが、本当でしょうか?

あらかじめ面接の準備はしておきましょう。

自分の人生を決める選択ですから、悔いの残らない転職活動をしましょう。

面接の準備のしすぎで、空回りしました。どうすればいいですか?

落ち込まなくて大丈夫です。答えられなかったところの質問だけ面接対策すれば、次の面接は上手くいくでしょう。

面接対策のサポートが充実している転職エージェントを活用しよう

転職活動をしているけど、面接でいつも落ちていませんか?

あるいは面接対策する時間が取れなくて焦った事ありませんか?

事実、過去に試用期間で解雇になった私は、転職活動で何十社も面接で落ちました。

選考落ちの結果が来るたびに、泣いていた時期もあります。

面接が通らないと、転職活動のモチベーションが下がり、毎日が苦しくなります。

しかしながら、自分だけで転職の面接対策するのは無理があります。

大切なのは、面接対策が充実している転職エージェントサービスを使うことです。

過去に試用期間クビから転職成功した私がオススメする転職サービスは下記の表の通りです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブワークポート
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上56,000件以上
対象年代20~40代20~30代20~50代20代20~30代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通普通
特徴ハイクラス向け20代の転職に強い圧倒的な求人数未経験者歓迎求人の半分以上が
IT,web業界
申込はこちら登録する登録するdoda登録する登録する
転職エージェントの比較

どれも無料で使えて、志望動機の作り方、強み、弱みの見つけ方も教えてもらえます。

1つだけではなく、複数の転職エージェントに登録すると内定獲得の確率が高まります。

いい企業の求人は、すぐ枠が埋まり急に募集が終わってしまいます。

できるだけ早く登録して、転職活動を始めましょう!

本記事で受かる面接のコツを掴んだなら、転職活動は一気に波に乗れます。

すぐに内定獲得して、ぜひ理想の会社に転職しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次