ハローワークにまともな求人がないは嘘!いい求人の見つけ方を伝授!

ハローワークでまともな求人を見つけるコツのイメージ図

本ページはマイナビを含むプロモーションが含まれます

こんにちは、試用期間クビからホワイト企業へ転職成功したザキゆきちです。

本記事では、ハローワークにまともな求人があるのか?徹底解説します。

いやいや、ハローワークなんかに、まともな求人なんてないでしょと考えていませんか?

そのため、自分に合う仕事を見つけられずにモヤモヤしていませんか?

ハローワークにもまともな求人、ホワイト企業の求人はあります。断言できます。

しかし多くの人が自分に合う仕事が分からないため、まともな求人がないと焦っています

質の高い求人の見つけ方を知れば、いい企業に就職できます。

今回は、実際にハローワークで求人を探したことがある私の経験から、いい求人を見つけるコツを伝授します。

ぜひ本記事を参考にすれば、優良ホワイト企業に就職できるでしょう。

本ブログは、試用期間で解雇から年収240万円アップして転職成功した私の実体験を公開しています。

試用期間でクビになった私に、次々と求人が届いた転職サイトは次の表のとおりです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

ぜひ参考にしてください。

目次

ハローワークにも、まともな求人はある!

ハローワークにまともな求人は、たくさんあります。

なぜなら、ハローワークは公共の職業紹介をする機関だからです。多くの転職者がハローワークを利用しています。

実際に、厚生労働省によると全転職者の約57%もの人がハローワークを含めた公共機関を使って転職しています。

参考:厚生労働省(令和2年転職者実態調査の概況)

国が運営しているため、求人は審査を通過したもののみ掲載できる仕組みです。

ただし、民間の転職サービスよりも求人の審査はゆるいです。

そのため、中にはしょぼい求人、ブラック企業の求人も掲載されることもあり得ます

実際に試用期間でクビになった私は、ハローワークで求人を探していました。

もちろん、怪しい、ハズレの求人もありましたが、9割以上は一般的な求人票でした。

ハローワークは、まともな求人を載せており、全転職者の2人に1人は転職成功しています。

ハローワークの求人の特徴

本章ではハローワークの求人の特徴について解説しています。

ハローワークの求人の特徴3選

  • 地元密着型の求人が多い
  • 正社員以外の仕事が充実している
  • 企業は無料で求人を掲載できる

民間の転職サービスとの違いについてもご紹介します。

地元密着型の求人が多い

ハローワークの求人特徴として、地元密着型の求人が多いという点です。

なぜなら、ハローワークは地域ごとに拠点があり、その地区の求人情報を豊富に把握しているからです

中小企業や地域に根ざした事業所の求人情報が、民間の求人サイトよりも多いです。

そのため、地元で働きたい求職者にとって、ハローワークは有用な情報源となります。

正社員以外の仕事が充実している

ハローワークの求人の特徴2つ目は、正社員以外の仕事が充実していることです。

言い換えると、パートタイムや契約社員、派遣社員など、様々な雇用形態の求人が掲載されています。

例えば、時間や日数を選びながら働きたいという人にとっては、パートやアルバイトの求人情報が多いのは大きなメリットです。

また、特定のスキルや経験を活かして短期間働きたい人には、派遣や契約社員の求人情報が役立ちます。

ハローワークなら、個人の希望条件に合う仕事を見つけることができます。

企業は無料で求人を掲載できる

ハローワークの求人の特徴3つ目は、企業が無料で求人を掲載できるという点です。

なぜなら、ハローワークが公的な機関として、企業と求職者がマッチする仕組みになっているからです。

求職者に対して自社の魅力を伝える機会を得られます。

求人広告の掲載が無料のため、ハローワークの求人は幅広いです。

ハローワークにまともな求人がないと言われる理由

残念ながら、ハローワークにまともな求人がないと言われる理由はいくつかあります。

  • 採用コストをかけられない企業の求人もあるから
  • 地元に根付いた企業の求人が多いから
  • ハローワーク担当者のやる気がない場合がある

それぞれの理由について、徹底解説します。

採用コストをかけられない企業の求人もあるから

ハローワークに「まともな求人」がないと言われる理由1つ目は、採用コストをかけられない企業の求人が掲載されているからです。

ハローワークは無料で求人を掲載できるため、採用に大きな費用をかけられない企業も利用します

そのため、一部の求人は賃金が低かったり、福利厚生が十分でなかったりする可能性があります。

このような特殊な求人ばかりが目について、まともな求人がないと言われるのです。

地元に根付いた企業の求人が多いから

まともな求人がないと言われる理由の2つ目に、地元に根付いた企業の求人が多いことが挙げられます。

地元の中小企業や地元産業を支える求人が多く、人によっては魅力を感じにくいかもしれません。

しかし、これらの企業は地域社会に深く根ざし、地元の雇用を支える重要な存在です。

また、大企業では得られない経験やスキルを身につけるチャンスがある優良企業です。

ハローワーク担当者のやる気がないから

ハローワーク担当者のやる気がないから、まともな求人がないと言われています。

ハローワークのスタッフは公務員のため、民間の求人サイトよりも売り上げへの意識は低いです。

そのため、求職者にいい仕事を紹介しようというモチベーションは低いです。

一方で、民間の転職エージェントは売り上げがかかっているため、求人の紹介や面接サポートがかなり充実しています。

実際に、過去に試用期間で解雇になった私は転職エージェントを活用して、年収240万円アップしてホワイト企業へ転職成功しました。

大きく年収が上がったのは、転職エージェントによる年収交渉のおかげです。

私が実際に利用して年収アップに成功したエージェントはdodaです。

dodaについての詳細は、こちらの記事で紹介しています。

【合わせて読みたい】dodaエージェントのひどい評判は嘘!dodaで転職できた実体験!

【実体験】ハローワークで良い求人を見つけるコツ3選

実際にハローワークで仕事を探していた私が見つけた、まともな求人を見つけるコツを紹介します。

ハローワークでまともな求人を見つけるコツ

  • 福利厚生を確認(年間休日や給料など)
  • 正社員以外(契約社員やアルバイトの)の仕事も探してみる
  • 地元の有名企業に絞って探す

それぞれ詳しく解説します。

福利厚生を確認(年間休日や給料など)

ハローワークで「まともな求人」を探す重要なポイントは、福利厚生を確認することです。

たとえば、給料や年間休日、健康保険など、労働条件を確認しましょう。

企業の福利厚生は、いい求人か見分ける重要な指標となります。

具体的には、給料が妥当なものであるか、年間休日が法定通りに設定されているかなどを確認することが求職者にとって重要です。

このような、労働条件から適切な求人を見つけ出すことができます。

正社員以外(契約社員やアルバイト)の仕事も探してみる

契約社員やアルバイトの仕事を探してみることも有効です。

一般的に正社員の求人が「まともな求人」と思われがちですが、契約社員やアルバイトでも働きがいのある仕事やキャリアアップの機会を提供している企業は多いです。

また、契約社員やアルバイトから始めて、その後に正社員になる道もあります。

それぞれの働き方によるメリット、デメリットを理解し、自分のライフスタイルやキャリアプランに合った仕事を探すことが重要です。

地元の有名企業に絞って探す

地元の有名企業に絞って仕事を探すという手段もあります。

なぜなら、地元の有名企業ほど、地域内の知名度や信頼性が高いため、安定した経営基盤であることが多いからです。

さらに、地元の企業であれば通勤時間の短縮や生活環境の改善など、ライフスタイルにも叶いやすいです。

これらの要素から、地元の有名企業に絞って仕事を探すという方法は、ハローワークで「まともな求人」を見つける一助となります。

【実体験】ハローワークでいい仕事は見つからなかった

試用期間で解雇になった私は、当初ハローワークで求人を探していましたが、いい仕事や優良企業を見つけることはできませんでした。

なぜなら、ハローワークの求人情報だけでは、仕事や企業の良し悪しが、判断できなかったからです。

労働条件がよくても、やりたいと思える仕事や求人を見つけられず、逆に興味がある仕事でも、給料が低かったり、休日が少ないというデメリットがあったのです。

そのため、代わりに求人が見やすく企業の特徴が分かりやすい転職エージェントを使うようになりました。

求人を探すなら、ハローワークより転職エージェントがおすすめです。

【あわせて読みたい】ハローワークと転職サイトは併用ダメ?同じ求人でも給料違う理由とは?

転職エージェントであれば、企業を見つけやすいだけではなく、面接や履歴書の添削を受けられます。

ハローワークでは受けられない、手厚いサービスを完全無料で使えます。

そんな転職エージェントサービスを使いまくって、試用期間で解雇になった私は年収240万円アップして転職成功しました。

転職成功したコツは、下の記事で紹介しています。

【あわせて読みたい】試用期間でクビから転職成功した方法を大公開【年収240万円アップ】

ハローワークについてよくある質問

本章では、ハローワークで仕事を探す場合のよくある質問や疑問について紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

ハローワークにない求人について相談しても大丈夫ですか?

ハローワークにない求人について、ハローワークの担当者に志望動機などの相談をしても大丈夫です。

なぜなら、ハローワークの目的は1人でも多くの人が就職できるようにサポートする国の機関だからです。

転職活動が上手くいかない、やりたいことがない場合も無料で相談できるので積極的に活用しましょう。

ハローワークの求人とネット求人なら、どちらが採用されやすいですか?

どちらの求人から応募しても採用されやすいという違いはありません。

しかし、ネット求人(民間の転職サービスの求人)の方が断然オススメです。

なぜなら、転職エージェントの方が求人からホワイト企業を見つけやすく、エージェントが企業への年収交渉を代わりにしてくれるからです。

ハローワークと転職エージェントの違いについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

【あわせて読みたい】ハローワークと転職サイトは併用ダメ?同じ求人でも給料違う理由とは?

ネット求人にはあってハローワークに同じ求人がないのはなぜですか?

なぜなら、求人を出す企業が、ハローワークに求人を出していないからです。

ハローワーク上で仕事の紹介をしても、採用したいと思う人とマッチングしない場合があります。

そのため、ネット求人(民間の転職サービス)にしか求人を出していない可能性があります。

企業側の都合のため、このようなハローワークになく、ネットにのみ掲載されている求人に応募しても問題はありません。

ハローワークでホワイト企業は見つかりますか?

ハローワークでホワイト企業は見つかります。

なぜなら、求人を無料掲載できるため、多くの企業が求人票を出しているからです。

そのため、求人票の中にはホワイト企業も混じっています。

ハローワークの求人からホワイト企業を見つけるコツは、働き方を重点的にチェックすることです。

たとえば、年間休日が120日以上か、裁量労働制ではないか、など確認するといいでしょう。

さらに、ホワイト企業か見極めるコツは次の記事で紹介しています。

本当にいい優良企業を見つけるなら転職サービスを利用しよう!

ハローワークを使っているが、まともないい求人がないと悩んでいませんか?

あるいは、自分に合う仕事を見つけられず不安になっていませんか?

事実、ハローワークだけで優良企業の求人を見つけることは相当難しいです。

仮にいい求人を見つけたとしても、入社できるか分かりません。

つまり、ハローワークで、まともな求人を見つけて、その会社に入れるかは未知数と言えます。

そのため、企業や求人情報を豊富に持っている民間の転職エージェントを利用することがオススメです。

転職エージェントは、完全無料で使えて、優良企業の求人を見つけやすいことが特徴です。

しかも、ワンクリックで応募完了できます。

実際に、過去に試用期間で解雇になった私は、転職エージェントのサポートのおかげで、年収240万円アップしてホワイト企業に転職できました。

いい仕事は人気ですぐに募集を締め切るので、求人が終わらないうちに今すぐにでもエージェントに登録しておきましょう。

1つだけではなく、複数利用することでほぼ全ての企業の求人をカバーできます。

ぜひできるだけ多くの転職エージェントに無料登録しておきましょう。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

転職エージェントを利用すれば、最短3日ほどで内定を獲得できます。

翌月にはいい企業に入社できるかもしれません。

ぜひ、転職エージェントを利用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次