能力不足で異動願いを出してもいい!異動願いの書き方とコツを伝授!

能力不足で異動願いを出したイメージ図

本ページはマイナビを含むプロモーションが含まれます

こんにちは、能力不足で異動願いを出したことがあるザキゆきちです。

本記事では「能力不足で異動願いを出すのはありか?」解説していきます。

ます、部署の仕事が合わないから異動願いを出すことは、すごくいいことです。

今の仕事を続けるのは負担が大きいでしょう。

また、転職してわざわざ会社を変えても、いい会社と出会えるか分かりません。

そのため、今いる会社で、異動を申請するのは、リスク低く仕事を変えられる絶好の選択肢です。

しかし、異動を出すことは、慎重にならないといけません。

なぜなら、異動願いを出すことで、同僚や上司と気まずい雰囲気になりやすいからです。

デメリットをしっかり理解しないと、後でかなり後悔します。

今回は、能力不足で異動願いをするコツを大公開します。

この記事を読めば、異動できる確率が高まるでしょう

なお、異動ではなく、今すぐ転職しないとマズイ人は、次の表から無料登録しましょう。

早ければ最短3日で就職できるので、ひとまず登録だけでも済ませておきましょう。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。
目次

能力不足で異動願いを出すのは「逃げ」でも「わがまま」でもない

能力不足で異動願いを出すのは「逃げ」でも「わがまま」でもありません。

仕事や職場で感じる違和感は、その仕事が向いていない証拠です。

何か合わないと感じたら、異動願いを出して、やる仕事を変えていいのです。

合わない部署から異動するのは、「逃げ」でも「わがまま」ではなく、合う場所を変えるだけです。

異動が叶えば、自分の本来の能力を活かせる環境で働けるでしょう。

また、異動ができなくても、仕事が合わないと会社に伝えるで、業務改善のきっかけになります。

このように、異動願いを出すことはネガティブなことではなく、むしろ仕事がやりやすくなるいい機会になるでしょう。

能力不足で異動するメリット5選

このように、能力不足で異動することには以下の5つのメリットがあります。

  • やりがいを感じる仕事につける
  • 新しい人間関係ができる
  • 新しいスキルが身につく
  • 転職せずに仕事を変えられる
  • 未経験でも仕事を始めやすい

異動することは、自分だけでなく会社にもメリットがあります。

やりがいを感じる仕事につける

異動をすることで、やりがいのある仕事につけるでしょう。

なぜなら、仕事や部署の雰囲気が違うだけで、仕事のやりがいや、身につくスキルは、かなり変わるからです。

たとえば、本ブログの運営者の私は、新卒入社から2年後に部署を異動をしました。

入社してすぐに配属になった部署は、難しい業務をしていました。

そこから、一般的な業務を担当している部署に異動をしたのです。

異動する不安はありましたが、異動先では仕事にやりがいを感じるようになりました。

前の部署では、できない自分を責めていました。

しかし異動後は、能力不足を感じることはなくなりました。

このように、部署異動することでメンタルが安定して、能力不足と自分を卑下することはなくなります。

新しい人間関係ができる

異動することで新しい人間関係が始まります。

新しい人と関係を築くことで、今までなかった発見や刺激をもらえます。

そして、同僚や上司との出会いによって、自分自身が成長する機会が増えるでしょう。

たとえば、私が新卒で入った会社で異動がありました。

はじめは、慣れた部署を離れるのが不安でした。

入社してすぐに入った部署は年上が多く、新卒の私はかわいがってもらってました笑

しかし新しい部署は、同年代が多く、活気にあふれた部署でした。

そのため、異動先では予想以上に楽しく仕事ができました。

このように、部署が変わるだけでも、雰囲気がガラリと変わります。

部署を異動することで、新しい人間関係がうまれるので、仕事がしやすくなるでしょう。

新しいスキルが身につく

異動することで新しいスキルが身につきます。

なぜなら、異動先で新たな仕事に取り組むことができるようになるからです。

今までの仕事では、鍛えられなかったスキルを学ぶことができるでしょう。

たとえば、営業から企画職に異動したら、身につけられるスキルは全く異なります。

営業では、社外でのコミニュケーション能力やノルマ達成力が必要とされます。

一方で、企画職はアイディアを生み出す力や、説明するプレゼンテーション力が求められます。

このように、異動した先で新しい技術や知識を身につけることができます。

結果として、自分自身のスキルが広がり、将来的に活かせる知識を持つことができるようになります。

転職せずに仕事を変えられる

転職せずに仕事を変えられることは、ポイントが高いです。

なぜなら、転職先で良い条件で働けるか、わからないからです。

転職で今よりも給与が下がったり、休日が減る可能性があります。

さらに、仕事が難しく、ますます能力不足を感じるかもしれません。

「能力不足だから、すぐに転職しよう」という考えは間違っています。

まずは、腕試しと思って、今いる会社内で部署異動を申請しましょう。

会社によっては、部署の異動や業務の変更に対応してくれます。

まずは、自分のスキルや経験を活かせる部署に異動するといいでしょう。

このように、部署異動は転職せずに仕事を変えられるので、大変有意義です。

未経験からでも新しい仕事を始めやすい

部署異動なら、未経験でも仕事を始めやすいです。

なぜなら、会社が未経験者の研修やサポートを用意しているからです。

たとえば、本ブログの運営者の私が異動したとき、上司や同僚が未経験の仕事を丁寧に教えてくれました。

さらに、参考図書も多かったので自主的な調べ物もやりやすかったです。

また、会社側も人材の能力を最大限に活用したいと考えているため、研修が充実していることが多いです。

このように、部署異動だからこそ未経験の仕事をサポート付きで始められます。

能力不足で異動するデメリット5選

本章では、能力不足を理由に異動する場合のデメリットを5つ紹介します。

意外と見落としがちなので、注意が必要です。

  • 今の部署の同僚と気まずくなる
  • 今の仕事でのスキルアップができなくなる
  • 給料が下がる可能性がある
  • 転勤するかもしれない
  • 異動先でも能力不足を感じるかもしれない

それぞれ詳しく解説します。

今の部署の人間関係が気まずくなる

異動申請すると、今の部署の人間関係が気まずくなると心配する人がいます。

なぜなら、異動に対する考え方や感情は人それぞれであり、同僚との関係が変わってしまう可能性があるからです。

たとえば、同僚はあなたの異動で、自分の仕事が増えると思い、不満に思うでしょう。

また、上司の場合は、部下からの異動申請で昇進のチャンスを奪われたと感じる可能性があります。

このように、あなたが去った後の部署の状況に不満を持つ人が出てくるでしょう。

しかし、大切なのは合わない環境から抜け出すことです。

同僚や上司と気まずくなるとよりも、自分にとって働きやすい環境を選ぶことを優先させてください。

今の仕事でのスキルアップができなくなる

デメリット2つ目は、担当している仕事でのスキルアップができなくなることです。

なぜなら、異動によって求められるスキルや業務内容が変わり、これまでの経験や知識が生かせなくなる可能性があるからです。

たとえば、今まで営業部で身に付けたコミュニケーションスキルが、異動先の企画部では意外と役立たない場合があります。

なぜなら、営業は社外の人と取引をしますが、企画職は社内でやり取りが重要だからです。

このように、異動が自分のキャリアやスキルが活かせなくなるリスクを覚悟しましょう。

給料が下がる可能性がある

異動後に給料が下がるケースがあります。

なぜなら、異動によって仕事内容や責任範囲が変わり、給与体系も変わることがあるからです。

たとえば、多忙だったA部署から忙しくないB部署に異動となれば、残業がなくなり、給与が減る場合もあります。

このように、異動によって手取りが減ることも考慮しないといけません。

勤務地が変わったり、転勤するかもしれない

異動によって、勤務地が変わったり、転勤するかもしれません。

部署が変われば仕事や、会社の拠点が異なる場合があるからです。

仕事のために引っ越したり、通勤時間が長くなるデメリットが考えられます。

たとえば、東京勤務から地方への転勤があるかもしれません。

または、海外の支社に異動する可能性もあるでしょう。

このように、異動は勤務地や通勤時間が変わるケースがあります。

結果的に生活環境の変化に伴うストレスを引き起こすことがあり、その影響を見極めることが重要です。

異動先でも能力不足を感じるかもしれない

デメリット5つ目は、異動先でも能力不足を感じるかもしれません。

なぜなら、異動後の業務内容が自分のスキル、能力と合わない場合があるからです。

新たな部署での勤務に適応できない懸念が出てきます、

たとえば、営業職から企画職に異動した場合、企画職の特有の仕事に戸惑うことがあるかもしれません。

特に報告書の作成や、プレゼンテーションスキルが不足していると落ち込むでしょう。

このように、異動先でも能力不足を感じたら、会社を辞めて転職することがオススメです。

今の職場で能力不足でも、他の職場環境なら有能で頼られる場合もあるからです。

本ブログの運営者の私は、能力不足で前職をクビになりましたが、転職した今の職場では頼りにされています。

誰かから必要とされているのが、本当に嬉しいです。

このように、環境が変わるだけで、能力不足という負い目から解放されるのです

能力不足から転職成功した私がオススメする転職サイトは、次の通りです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

ぜひ、参考にしてください。

【後悔しない】異動願いを伝え方3ステップ

本章では、異動願いの伝え方を3ステップで解説します。

特にステップ1は重要なので、詳しく解説します。

STEP
能力不足だと感じる理由をはっきりさせる
STEP
異動願いを書く
STEP
会社や上司に相談する

ぜひ参考にしてください。

【ステップ1】能力不足だと感じる理由をはっきりさせる

異動願いを出す前に、必ず能力不足だと感じる理由をはっきりさせましょう。

能力不足の理由を具体化することが大切です。

たとえば、次のように伝えるといいでしょう。

  • A業務のスピード感についていけない
  • B業務で取引先○○とコミュニケーションがとれず、クレームになっている
  • 全体の業務量が多すぎて、1日4時間以上も残業が苦しい

助けてほしいことを詳しく説明することで、会社や上司があなたにアドバイスやサポートしやすくなります。

仮に異動ができなくても、会社が今いる部署で業務改善してくれる可能性も高まります。

そのため、能力不足だと感じる理由を具体的に伝えることが大切です。

【ステップ2】異動願いを書く

次に異動願いを書きましょう。

正式な書面に記載して、提出した方が会社に本気度が伝わります。

社内の就業規則などに異動願いのフォーマットがあれば、そちらを使用しましょう。

もし特定のフォーマットがない場合は、次の項目を書いて提出するといいでしょう。

  • 氏名
  • 今の部署名
  • 異動願いを出す提出日
  • 希望する部署名
  • 異動の希望日
  • 異動したい理由(能力不足と感じる具体的な理由)
  • 最後に「以上」

異動先で、どのような部署や業務、研修やサポートが必要かを整理しておくことが役立ちます。

このように、異動願いを書くことで本気度が伝わり、上司や人事に伝えやすくなります。

【ステップ3】上司に相談する

最後は異動願いを書いて、上司に異動の相談をしましょう。

自分が、部署の中で能力不足と思う理由を正直に話してください。

異動できるように、強気の姿勢で交渉していくことが重要です。

また、自分の適性や将来のキャリアプランも話しながら、交渉しましょう。

異動しやすくなる交渉のコツは、次の章で解説します。

異動しやすくなるコツ3選

異動が叶いやすくなるコツを3つ紹介します。

異動願いを出した私が、やらずに後悔したことを厳選しました。

ぜひ参考にしてください。

  • 異動先で活躍できることをアピールする
  • 異動願いは1年の節目の2ヶ月前に提出する
  • 「異動できない なら会社を辞める」と伝える

詳しく解説します。

異動先で活躍できることをアピールする

異動先で活躍できるとアピールすることが重要です。

希望する部署で、自分のスキルや経験がどのような役割を果たせるのか、アピールするといいでしょう。

たとえば、外部とのコミュニケーションが得意なので、次の部署では外注して経費削減を目指すこともアピールになります。

このように、自分の強みや異動先での期待値を示すことで、異動が叶う可能性が高まります。

異動願いは1年の節目の2ヶ月前に提出する

異動願いは、年末や年度末の2ヶ月前に出すことがオススメです。

なぜなら、企業では年度末に人事異動や組織編制を行うからです。

そのため、年末や年度末にあわせて、事前に異動の希望を伝えておくといいでしょう。

他の社員とのバランスを考慮して、会社側も異動の計画を立てやすくなります。

このように、タイミングよく異動願いを出せば、望む異動が実現しやすくなります。

「異動できない なら会社を辞める」と伝える

強気に「異動できないなら会社を辞める」と伝えることが一つの方法です。

なぜなら、この言葉でどれくらい自分が会社に必要とされているか、分かるからです。

すぐにでも会社が異動を認めれば、あなたは会社から必要とされています。

一方で、会社が異動のために動いてくれない、業務改善をしてくれない場合は、転職をするのがおすすめです。

能力不足を感じるような部署では、長期的に見ても成長できず、居心地が悪くストレスばかりを感じるでしょう。

さっさと転職して、自分に合う企業を見つけましょう。

合わない会社から離れることは、「逃げ」でも「わがまま」でもありません。

実際に、能力不足と言われ解雇になった私は、転職して年収240万円アップしてホワイト企業に入社できました。

私の場合は、強制的な解雇でしたが。合わない会社に居続けるより、今のほうがずっと楽しいです。

クビから転職成功した私がオススメする転職エージェントはこちらです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

異動できなかった時の対処方法3選

もしも、異動願いが通らなかったときの対処方法を3つ紹介します。

そのときに異動が叶わなくても、自分のキャリアをどのように続けるか考えることが大切です。

  • 今の部署で仕事を続ける
  • 時間をあけてから異動願いを出す
  • 転職をする

詳しく解説していきます。

今の部署で仕事を続ける

異動できなかった場合の対処法1つ目は、今の部署で仕事を続けることです。

能力不足を感じたまま、業務を続けるなんて無理!と思うかもしれません。

しかし、異動願いを出したことで、仕事の負担が軽くなったり、別の仕事を振られる場合があります。

実際に、本ブログの運営者の私が異動願いを出した後、異動は実現できませんでした。

しかし、その後は部署内での業務の負担が減り、仕事が少し楽になったのです。

このように、異動願いを出すことで、今いる部署の業務負担が減ることもあります。

そのため、異動できるか否かに関わらず、勇気をだして異動願いを出してみるといいでしょう。

このように、異動が叶わなかった場合でも、今の部署で仕事を続けることが、時には良い選択となります。

しばらく時間をあけてから異動願いを出す

2つ目の対処方法は、しばらく時間をあけてから再度異動願いを出すことです。

なぜなら、異動願いを出すタイミングを変えるだけで、異動できる可能性があるからです。

部署の異動は、組織全体の人数のバランスによって決まります。

そのため、欠員や組織編制しやすい時期に、また異動願いを申請するといいでしょう。

たとえば、年末や年度末、ボーナスの時期の約2ヶ月前がオススメです。

なぜなら、1年の節目やボーナス支給の前は、多くの企業で社員が入れ替わる時期だからです。

このように、タイミングを見計らって異動願いを出すことで、次こそ異動が叶うかもしれません。

転職をする

異動願いを聞き入れてもらえなかったら、転職しましょう。

なぜなら、今の職場で能力不足に思えても、新しい職場では能力を発揮できる可能性があるからです。

たとえば、本ブログの運営者の私は、前職の仕事が合わず能力不足で解雇になりました。

もう自分は会社では仕事ができない、頭のおかしい人間なんだ…と思ったほどです。

失意のどん底でした。

しかし、キャリアコーチングを受け、転職エージェントから求人紹介してもらうと、少しづつ自分に合う企業の特徴が分かってきました。

そして、転職活動で100社以上を受けて、結果的に年収240万円アップしてホワイト企業に転職成功できました、

今の職場や仕事が自分の性に合っているため、仕事にやりがいを持てています。

このように、今の職場は合わないから能力不足を感じているだけで、転職したら見える世界は大きく違うかもしれません。

能力不足から転職成功した私がオススメする転職エージェントは次の通りです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

能力不足で異動する場合のよくある質問

ここでは、能力不足で異動する場合のよくある質問について解説します。

参考にしてください。

40、50代で、能力不足のため異動願いを出すのは、わがままですか?

40、50代で能力不足のため異動願いを出すことは、わがままではありません。

年齢に関わらず、自分の能力や適性に合った仕事をすることは、自身の成長や幸福感に繋がるために必要です。

たとえば、自分が苦手とする業務や厳しい労働環境にいると本当にやばいです。

ストレスが溜まり、体も心もボロボロになります。

異動願いを出す際には、自分の希望や理由をしっかり伝え、人事部門や上司と相談することが重要です。

その際、過去の業務経験や現在の能力、異動後の部署で貢献できる点などをアピールすると良いでしょう。

ぜひ、この機会に自分の適性や将来を見つめ直してみてください。

【実体験】異動願いを拒否されたが、転職成功して年収240万円アップした

実は、本ブログの運営者の私は、異動願いを出したことがあります。

その部署で仕事ができず、自分は能力不足だと感じていたからです。

もう、この業務は向いていないとはっきり自覚したのです。

わがままと思われるだろうけど、部署を変えたいと考えました。

また、部署には私を指導する余裕もなかったのです。

何もできない自分は、部署の中で肩身の狭い思いをしていました。

一生このまま何もしなければ、ずっと息苦しいままだと悟って上司に相談しました。

しかし、他の部署は欠員がいないので、異動は絶対無理と断られたのです

まったく、話を聞いてくれない上司だったので、私は毎日苦しかったです。

そして、しばらくたって試用期間で解雇が言い渡されました。

やっと、合わない仕事から解放されると思いつつも、ずっと泣いていました。

目の前が真っ暗になって、退職後も何もできない日々。

しかし、少しづつ、解雇になったショックは和らいでいきました。

そして、仕事探しを始めることにしたのです。

しかし1人だけで転職活動をすすめるのは、かなり不安でした。

そのため、私は転職エージェントを利用しまくりました。

履歴書を添削してもらい、質の高い求人にたくさん応募しました。

そして、私は転職エージェントの担当者が企業へ交渉してくれたので、年収240万円アップして転職成功できたのです。

このように、能力不足で異動願いがダメになっても、転職成功できるのです。

会社が合わないと感じたら、さっさと転職してしまいましょう。

私が転職成功できた、おすすめの転職エージェントサービスは、こちらです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次