【実体験】退職理由が能力不足でも内定ゲット!転職面接での伝え方!

能力不足で解雇されたときの伝え方

本ページはマイナビを含むプロモーションが含まれます

こんにちは、能力不足の解雇から転職成功したザキゆきちです。

本記事では「退職理由が能力不足の場合の伝え方」について解説します。

ところで、面接では必ず退職理由を質問されることをご存知ですか?

しかも、面接の中でかなり重要視されます。

そのため、もし能力不足で前職を辞めても、退職理由は言わないといけません。

退職理由が能力不足って、転職の面接でなんて伝えればいいのか分からない。

そもそも能力不足って言ったら、不採用になると不安で焦っていませんか?

実際に能力不足で解雇になった私も、退職理由の伝え方にはかなり苦戦しました。

本記事では、能力不足でも面接が受かる、退職理由の伝え方を伝授します。

転職成功した本ブログの運営者の私が、実際に面接で試したやり方を大公開します。

なお、今すぐに転職しないとやばいという方は、下記の短期間で転職できるサービスをご利用ください。

能力不足の私にも次々とオファーがきた転職サイトです。

最短3日で内定をもらえるので、ひとまず登録だけでも済ませておきましょう。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。
目次

【実体験】面接で「能力不足」を言わずに転職成功

本ブログの運営者の私は、転職の面接では「能力不足」と言わずに転職成功できました。

なぜなら、「能力不足」と面接で言うと、絶対に落ちると考えたからです。

そのため、面接では「能力不足」を言い換えて、伝えていました。

自分の欠点や至らなかった点を認めつつも、前向きな姿勢で話したのです。

たとえば、私の場合はスピード感のある仕事、変化の多い仕事は苦手です。

毎日、やる仕事が変わる業務は、非常にストレスでした。

しかし、私を解雇にした会社は、スピード感こそ命でした。

スピードについていけなかった私は、能力不足でクビになったのです。

そのため、転職の面接では「仕事のスピード感が早かったため、成果を出すのが難しかった」と言いました。

そこで、自分の非を認めてから、今後、自分が活かしたいこと、得意なことを伝えたのです。

「自分はじっくり考える仕事こそ向いているので、御社の〇〇の仕事は私の得意なことを活かせます。」

自分の欠点も長所もアピールする退職理由にすると、採用担当者からは高評価でした。

そして、私は年収240万円アップして、ホワイト企業に転職成功できました。

試用期間でクビになった私が、転職成功したコツは「試用期間でクビから転職成功した方法を大公開【年収240万円アップ】」で紹介しています。

このように、退職理由を「能力不足」から言い換えれば、転職成功できます。

なぜ聞く?「退職理由」が面接で聞かれる理由3選

このように、転職面接で前職の退職理由が聞かれる理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 退職理由に、求職者の人柄や性格が現れるから
  • 求職者がすぐ辞めるかもしれないから
  • 当社で活躍する人材かどうか見極めたいから

詳しく解説します。

退職理由に、求職者の人柄や性格が現れるから

面接で退職理由を聞かれるのは、退職理由に求職者の人柄や価値観が現れるからです。

求職者がどのような状況に耐えられるか、どのような環境で働きたいと考えているかが分かるからです。

たとえば、年功序列が不満で退職した場合は、転職者は実力や成果で認めてほしいという願望があります。

また、業務のスピード感が遅いため、転職したいと考える人もいるでしょう。

その場合は、転職者は、じっくり取り組む仕事よりもスピード重視の仕事が向いていると言えます。

このように、退職理由から。求職者の価値観や仕事への熱意が分かります。

求職者がすぐ辞めるかもしれないから

採用担当者は、求職者がすぐに退職することを避けたいと考えています。

そのため、前職の退職理由を聞いて、求職者が新たな職場でもすぐに辞めないかを確認しています。

たとえば、人間関係が原因で、転職を繰り返している人を企業は採用したいと思いません。

このように、退職理由を把握することで、企業は求職者の定着率を見極めることにも繋がります。

当社で活躍する人材かどうか見極めたいから

退職した理由を知ることは、入社後に活躍する人材か見極める手がかりにもなります。

自社の仕事や企業の風土とマッチするかの判断材料になるのです。

たとえば、スキルアップをするための転職なら、転職者は向上心があり、新しい環境でも成長できるでしょう。

上昇志向のある転職者は、企業がぜひ欲しいと思う人材です。

このように、退職理由を把握することで、企業は求職者が活躍する人材か確かめることができるのです。

採用される退職理由のポイント3選

本章では、採用される退職理由のポイントを紹介します。

次の3つのポイントを抑えた転職理由なら、内定獲得率が格段に上がるでしょう。

  • 会社のせいにも自分のせいにもしない
  • 能力不足でも努力した過程をアピール
  • 結論はポジティブに、キャリアアップを目指した内容にする

ぜひ試してください。

会社のせいにも自分のせいにもしない

まず、退職理由は「会社のせいにも自分のせいにもしないこと」を意識しましょう。

なぜなら、能力不足による退職は、従業員だけが悪いわけではありません。

会社にも、社員の適性を活かせなかった責任があります。

そのため、能力不足による退職では、会社または自分のどちらかが悪いと言ってはいけません。

大切なのは、客観的な視点で退職理由を伝えることです。

退職理由をフラットに伝えられれば、面接官はあなたに好印象でしょう。

能力不足でも努力した過程をアピール

能力不足に解雇でも、仕事で努力した過程はアピールすることが大切です。

なぜなら、たとえ解雇でも、努力した過程を伝えれば、面接官に前向きな姿勢を見せられるからです。

たとえば、本ブログの運営者の私は能力不足を感じていたので、業務で役立つ資格を取得しました。

資格取得のことは、転職活動の場でもアピール材料になりました。

また、仕事でわからないことは、すぐに質問して解決していきました。

このように、転職理由では、努力した姿は積極的に盛り込みましょう。

結論はポジティブに。キャリアアップを目指した内容にする

転職理由の結論はポジティブに、キャリアアップを目指す内容がいいでしょう。

なぜなら、能力不足でもふてくされず、向上心を持つ人を採用したいからです。

たとえば、本ブログの運営者の私は、「解雇が悔しかった。自分の力を証明したいので、次こそスキルを磨きたい」と言いました。

人事からは挑戦的な姿を評価されて、私はホワイト企業に転職成功できました。

年収240万円アップして、年間休日125日ある企業に転職できたのです。

能力不足で解雇になっても、年収アップはできます。

クビになった私にもオファーが次々と来た、おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

ぜひ1つでも多く、登録しておきましょう。

【そのまま使える】能力不足による退職理由の例

能力不足による退職理由を伝える場合は細心の注意が必要です。

なぜなら、伝え方によっては、企業にネガティブな印象を与えるからです。

本章では、そのまま使える!能力不足による退職理由を紹介します。

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  • 【パターン1】ノルマが達成できずに解雇
  • 【パターン2】技術職だったが解雇

-退職理由を伝える自信がなくても大丈夫です。

前向きな転職理由なら、企業からも高評価です。

ぜひ、面接で使ってみてください。

ノルマが達成できない能力不足で解雇になったという退職理由

私が御社の営業職で働きたい理由は、前職で磨いた営業スキルを活かしたいと考えたからです。

私が前職では新規顧客を獲得する営業をしていましたが、会社の売上ノルマが達成できずに退職となりました。

自分なりに、1日100件以上の電話アポイントをしたり、独自の広告チラシを作って配布する努力はしました。

また、会社の同僚や上司に、どうすれば営業で成果が上がるかアドバイスを貰っていたのです。

しかし、ノルマぎりぎりのところで目標を達成できませんでした。

そのため、私は解雇となりました。

ノルマ達成には至らなかったのですが、前職の営業スキルを活かして御社でルート営業に挑戦したいと思います。

技術職を能力不足で解雇になったという退職理由

私は、前職で○○製品を開発する事業で、品質管理が主な仕事でした。

しかし、会社の経営状況の悪化で事業撤退が決まりました。

所属していた品質管理部門は解体となり、私は人員削減のために前職を解雇になったのです。

10年以上も続けた品質管理の仕事を辞めることになり、本当にショックでした。

しかし、これも何かの縁でいい機会と思い、キャリアチェンジを目指すことにしました。

前職の品質管理の仕事で身に付けたスキルや経験を、生産部門で活かしたいと思います。

能力不足で退職した場合のよくある質問5選

本章では、能力不足で退職した場合のよくある質問を5つ紹介します。

・前職を能力不足でクビになったら、次の会社でばれますか?

・面接で退職理由をきかれても、拒否して答えなくてもいいですか?

・前職で能力不足のため退職勧奨されたことを。面接で伝えるべきですか?

・能力不足で解雇になりましたって転職の面接で言わなくていいですか?

・能力不足を理由に退職しましたが、自主退職と解雇の違いはなんですか?

くわしく解説します。

前職を能力不足でクビになったら、次の会社でばれますか?

前職を能力不足でクビになっても、次の会社ではばれません。

なぜなら、能力不足による解雇を証明する書類等はないからです。

ごく稀に、前職照会(リファレンスチェック)というものがあります。

前職照会とは、次の会社が前職の会社に問い合わせて、求職者の評価等をヒアリングするものです。

しかしながら、この前職照会は、照会される本人の了解を得ないと照会をしてはいけないルールになっています。

そのため、能力不足によるクビだとしても、次の会社でバレる可能性は低いです。

面接で退職理由をきかれても、拒否して答えなくてもいいですか?

面接で退職理由を聞かれたら、答えましょう。

もちろん拒否する権利はありますが、退職理由を言わないとほぼ100%面接には落ちるでしょう。

なぜなら、採用担当者は退職理由から、応募者の適性や能力を判断するからです。

ただし、能力不足で退職というのも採用担当者への印象はよくないです。

そのため、能力不足を言い換えて、退職理由を言えるといいでしょう。

このように、面接で退職理由は拒否せずに、言い方を変えて伝えるといいでしょう。

前職で能力不足のため退職勧奨されたことを。面接でいうべきですか?

前職で能力不足のため退職勧奨されたことは、面接では言わない方がいいです。

なぜなら、採用担当者にネガティブな印象を与える可能性があるためです。

前職で退職勧奨されても、次の会社ではバレません。

さらに、退職勧奨されたのは前の会社と相性が悪かっただけです。

次の会社と前の会社は関係ありません。

このように、過去に退職勧奨を受けたことは面接でいう必要はありません。

能力不足で解雇になりましたって転職の面接で言わなくていいですか?

能力不足で解雇されたことは、転職面接で直接的に言わなくていいです。

ただし、必ず退職理由は聞かれるので、言い換えした表現で退職理由は言えるようにしましょう。

なぜなら、転職活動では自分を良く見せることが大切だからです。

たとえば、過去の職場での自分の成果やスキル、志望する企業とのフィット感などをアピールすることが重要です。

能力不足を理由に退職しましたが、自主退職と解雇の違いはなんですか?

自主退職は本人が自ら退職を決意し、会社と円満に合意した上で退職するものです。

一方で、解雇は会社が労働者の能力不足や経営状況の悪化により、従業員へ退職を強制するものです。

このように、自主退職は解雇の違いは、退職の判断が自らの意志か、会社からの意向かの違いです。

【結論】あなたは能力不足ではない。前職とは相性が悪かっただけ

あなたは、能力不足でも無能でもありません。

ただ前職とは相性が悪かっただけです。

会社の求める能力や、組織の中での役割とマッチしなかっただけです。

本ブログの運営者の私も、解雇になってすぐは、能力不足で解雇になった自分を責めていました。

会社や組織で働くのが怖くて、転職活動もすぐには始められませんでした

また無視されたり、解雇になったら、どうしようって、不安で夜に大泣きしたことも。

でも、キャリアカウンセリングを受けたり、転職エージェントに相談して気づきました。

私は無能な人間じゃない、会社と合わなかっただけだ、と。

そこから、全く通らなかった転職面接が通るようになりました。

そして、私を認めてくれる会社に出会えました

転職エージェントの年収交渉のおかげで、私は年収240万円アップして転職成功できました。

このように、能力不足とは会社と相性が悪かっただけです。

あなたは、能力不足ではありません。

【実体験】能力不足から転職成功して年収240万円アップ

退職理由が能力不足なら、転職なんて無理なんじゃないかと不安になっていませんか?

面接でなんて伝えたらいいのか分らない、言い伝え方はないかと迷っていませんか?

残念ながら、転職先の採用担当は、能力不足で解雇になった人を雇いたいとは思いません。

このように、能力不足で解雇になったことを正直に話しても意味がありません。

同情されても採用はされないのです。

大切なのは、理解のある企業を見つけて、退職理由を伝えることです。

あなたは、能力不足ではありません。

あなたと前職の相性が悪かっただけです。

実際に能力不足で解雇になった私は、今の会社とは相性がいいので仕事ぶりが認められています。

そして、良い企業を見つけて応募するためには、いい転職エージェントを選ばないといけません。

今回は解雇の経歴を公開しながらも、次々と求人のオファーがやってきた転職サイトを5つ紹介します。

次の表から、ぜひ1つでも多くの転職サイトに登録して、転職成功を目指しましょう!

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次