【実体験】会社をクビになったら絶対にやってはいけないことを紹介

会社クビになったらやってはいけないこと3選のイメージ図

本ページはマイナビを含むプロモーションが含まれます

こんにちは、試用期間クビからホワイト企業へ転職成功したザキゆきちです。

本記事では、会社をクビになったらやることついて解説しています。

この記事にたどり着いたあなたは、会社からクビと言われてショックで落ち込んでいませんか?

目の前が真っ暗になり、苦しいと感じているかもしれません。

過去に試用期間で解雇になった私もクビを宣告されたときは、本当につらくて毎日のように泣いていました

しかし、解雇になって悲しんでばかりではいられません。

会社からクビを言われたら、実はやらなければいけないことがあります。

クビになったらやることを怠ると、転職活動で不利になったり、本来もらえる失業手当が大きく減らされる可能性があります。

漏れなく期日までに対応しないと、金銭的にも将来的にも損につながるのです。

本記事では、過去に解雇になった私の実体験も踏まえて、「会社をクビになったらやるべきこと」をどこよりも分かりやすく解説します。

今回の内容を理解すれば、失業手当を全額もらいながら、次の仕事探しを有利に進めることができるようになります。

本ブログは試用期間で解雇になった私がクビから転職成功した知見をもとに、転職活動のコツを発信しています。

ぜひ参考にしてください。


最後にはクビになった私にも、次々にオファーがやってくる転職サイトについて紹介しています。ぜひご覧ください。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。
目次

会社をクビになっても人生終了しない

会社をクビになっても人生は終了しません。

絶対に大丈夫です。死ぬこともありません。

周りから嫌味や批判を言われても、どれだけお金がなくて絶望しても、人生終了しません。

必ず活路は見えてきます。

実際に、会社をクビになって私は人生絶望しました。

意を決して未経験の業界に転職したのに半年でクビ。スキルも身につきませんでした。

年収も大幅に下がって貯金も少なく、将来のことを考えられませんでした。

本当に苦しくて毎日、泣いてばかり。

でも思いっきり泣いて少し休んだら、気持ちが変わってきたのです。

「前の会社とは合わなかっただけ、次こそいい会社に入ろう。」

そう思えるくらいまで回復できたのです。

その後、キャリアコーチングや転職エージェントのアドバイスを受けて、転職活動を始めました。

絶対に年収を上げてやる、良い企業に入ると決めて仕事を探していたのです

そして、ご縁があり年収240万万円アップしてホワイト企業に入社できました。

あなたの人生は、必ず変わります。

会社をクビになっても人生は必ず逆転できます。

会社のクビの種類(理由)

会社をクビになる理由は、主に次の3つがあります。

会社をクビになる理由3選

  • 懲戒解雇
  • 普通解雇
  • 整理解雇

それぞれ解雇になった経緯や理由が違うため、退職後の待遇もかなり違います。

詳しく解説します。

懲戒解雇

懲戒解雇とは、強制的な解雇であり、従業員が重大な違反を犯した場合に適用されます。

主に、従業員が犯罪を犯したり、会社に重大な損を与えた場合は懲戒解雇です。

たとえば、盗難、暴力行為、賄賂、横領などの不正が挙げられます。

多くの場合、懲戒解雇はなにかやらかした場合に、適用とされる解雇理由です

普通解雇

普通解雇とは、労働者が能力不足や成績不振などで会社の期待に応えられないときに行われる解雇です。

試用期間で解雇になった場合も、普通解雇です。

従業員が職務に適していないと判断されたとき、あるいは業績が低下しているときに会社をクビになります。

ただし、企業がすぐに従業員を整理解雇させないために、労働法では厳しい基準を設けています。

そのため、ネット上ではよっぽどのことがないと解雇はありえないと書かれていることがあります。

しかし、誰でも解雇になる可能性は十分ありますので、注意しましょう。

過去に試用期間で解雇になった私、ザキゆきちが感じた解雇前の前兆について次の記事で解説しています。

参考にしてみてください。

【あわせてよみたい】【実体験】試用期間でクビになる人の特徴と解雇前の前兆を解説!

普通解雇は、能力や業績に問題があると判断された従業員を会社が解雇する方法で、誰にでも解雇になり得ます。

整理解雇

整理解雇とは、業績悪化などにより会社が人員を削減する必要が出た場合の解雇です。

従業員自身のパフォーマンスではなく、会社の状況によってクビになった形になります。

整理解雇は、経営の合理化、業績の悪化、企業の再編、事業の縮小や撤退など、会社全体の経営状況によって生じるものです。

そのため、企業が簡単に整理解雇しないように、労働法によって従業員の権利はしっかり守られています。

しかし、企業によっては整理解雇を余儀なくされる場合もあるので注意しましょう。

会社からクビを言われたら最初に確認すること3選

会社からクビを言われたら、退職する前に次の3点について必ず確認しましょう。

会社をクビになったら確認すること3選

  • 解雇の理由
  • 退職金
  • 会社から受けとる書類5選

それぞれ解説します。

解雇の理由

会社からクビになった場合、まず最初に確認すべきは、その解雇の理由です。

解雇理由が「懲戒解雇」「普通解雇」「整理解雇」のどれになるのか、確認しましょう。

なぜなら、クビになった理由によって、もらえる失業手当の金額が変わるからです。

さらに次の仕事探しに影響を与えるからです。

たとえば、懲戒解雇では自己都合退職となるため、失業手当をもらえる金額や給付期間に制限があります。

一方、普通解雇や整理解雇は、会社都合による退職なので、失業手当は満額もらえます。

さらに、転職活動するときに提出する履歴書にも注意が必要です。

懲戒解雇の場合と、普通、整理解雇の場合で、職歴の書き方が異なります。

書き方を間違えると、転職不利になるので気をつけましょう。

会社をクビになった場合の履歴書の書き方は、次の記事で詳しく解説しています。

【あわせて読みたい】試用期間で解雇になったら履歴書にはどう書く?【私の履歴書公開】

解雇という経歴があっても転職活動で有利になる履歴書について紹介しています。

私の履歴書の書き方をマネするだけで、いい仕事を見つけて年収アップも実現できるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

退職金

会社からクビになったら、退職金をいくらもらえるか確認しましょう。

退職金は、従業員が今まで働いた分を労って支払われるものです。

退職金は、会社のルールや規模によって異なりますが、多くの企業で支給されます。

ただし、懲戒解雇の場合は退職金がない場合が多いです。

なぜなら、懲戒解雇は会社に重大な損失を与えた場合のクビのため、退職金を与える権限はないと考えられているからです。

一方、普通解雇や整理解雇の場合は、退職金は支給されます。

お金の話をするのは、後ろめたさがあるかもしれません。

しかし、退職金はあなたが会社に貢献してきたからこそもらえるお金です。

確実にもらえるように、会社に必ず確認しましょう。

会社から受けとる書類5選

会社をクビになったら受け取る書類は、次の5つです。

会社をクビになったら受け取る書類5選。

  • 離職票1、離職票2
  • 雇用保険被保険者証
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 源泉徴収票
  • 退職証明書

それぞれ、受け取れる時期が異なり、会社によっては発行をしていない書類もあります。

そのため退職する前に、必ず会社が書類を作成するか確認しましょう。

離職票1、離職票2

会社からクビになったら必ず離職票1と離職票2の受け取りについて確認しましょう。

離職票は、退職したことを証明する書類で、退職したら必ず受領します。

そして、離職票では必ず受け取れる時期と、退職理由の区分です

離職票は退職日よりもあとに発行されるため、いつぐらいに自宅に届くか確認しましょう。

一般的には10〜14日以内にもらえます。

しかし、過去に使用期間でクビになった私、ザキゆきちは離職票をもらうまで1ヶ月もかかりました。

さらに、失業手当を申請する際に離職票は必ず必要です。

そのため、失業手当を初めて受給するのも遅くなりました。

離職票を受け取る時期を必ず確認しましょう。

また、離職票には退職理由を記載する項目があります。

懲戒解雇、普通解雇、整理解雇によって変わるのです。

退職理由が違うと、その後の仕事探しや手続きで大幅に不利になる可能性があります。

必ず離職票の受け取り時期、会社をクビになった理由を確認しましょう。

雇用保険被保険者証

会社を解雇になったら、雇用保険被保険者証が発行されます。

雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入していたことを示す書類です。

こちらの証明書をもって、受給できる失業手当の金額や期間が決まります。

また、この雇用保険被保険者証は、次の仕事先でも提出を求められることが多いです。

失業手当の申請にも、次の仕事でも必要な書類のため、必ず受け取りましょう。

健康保険資格喪失証明書

会社からクビになったら、健康保険資格喪失証明書を受け取りましょう。

企業に所属している期間は、その会社の健康保険組合に加入しています。

しかし退職すると、企業の健康保険組合から脱退するため、健康保険資格喪失証明書が発行されるのです。

健康保険資格喪失証明書をもって、会社をクビになったあとに国民健康保険に自ら加入します。

国民健康保険の加入は、役所で手続きをして、その場で新しい健康保険証を受け取りできます。

健康保険組合の切り替えは必ずやりましょう。

手続きしないと、病院での診察費が3割負担ではなく全額負担となって金銭的に損をする羽目になります。

源泉徴収票

会社からクビになったら、源泉徴収票を必ず受け取りましょう。

なぜなら、会社をクビになったら源泉徴収票をもとに自分で税金を払ったり、減免申請しないといけないからです。

通常は会社が天引きや年末調整によって、給与に見合った住民税、所得税などの税金を支払っています。

しかし退職したら、自分で納付、確定申告をしないといけません。

正しい税金の申告をしないと、脱税となり延滞税を払う羽目になります。

必ず税金の申告や支払いをしましょう。

会社をクビになった場合の税金については、こちらで詳しく解説しています。

参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】失業中に払う年金や社会保険料の手続きについて解説!一部免除あり!

退職証明書

会社からクビになった際に受け取るべき重要な書類5つ目に退職証明書があります。

退職証明書とは、前職(クビになった会社)を退職したことを証明するための書類です。

退職証明書は、新たな職場の採用手続きや資格取得、住宅ローンなどの契約で必要となる場合があります。

しかし、退職証明書は会社によっては発行されません。

実際に、試用期間で解雇になった私は、退職証明書を会社から受け取っていません。

特段、次の就職や、失業手当の受給で退職証明書は必要ありませんでした。

しかし、車や住宅などローンを組む場合は提出が求められる場合があります

したがって、会社からクビになった際には退職証明書の受け取りを会社に確認しましょう。

退職日に必ずやることは保険証の返却

退職日に必ずやることは、保険証の返却です。

なぜなら、退職することで会社の健康保険組合から脱退するからです。

退職後にその保険証を使うことは、基本的にできません。

さらに、自分だけではなく、一緒に住む家族など扶養に入っている全員分の保険証を返却しないといけません。

多くの場合、この健康保険証の返却によって家族に解雇がバレます。

基本的に、退職後には自分で国民健康保険に加入して、保険証を発行する必要があります。

退職後の手続きは次の記事で詳細に解説しています。

参考にしてみてください。

【合わせて読みたい】失業中に払う年金や社会保険料の手続きについて解説!一部免除あり!

会社をクビになったら雇用保険や税金の納税も自分でやる

会社をクビになったら、雇用保険(失業手当)の申請、税金の納税は自分でやらないといけません。

失業手当の申請はハローワークで手続きをしますが、お金をもらうまでに3回もハローワークへ行きます。

会社をクビになった場合の失業手当のやり方や持ち物ついては、別の記事で紹介しています。

【あわせてよみたい】失業保険の手続きと必要な持ち物、流れ、期限について【会社都合】

また、税金の納付は役所に行って手続きをしなければいけません。その他にも年金の減免や健康保険の切り替えも必要です。

意外とやることは多く、期日も退職してから20日以内など期限は短いです。

次の記事で、会社を解雇になったら対応する税金周りについて解説しています。

参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】失業中に払う年金や社会保険料の手続きについて解説!一部免除あり!

会社をクビになったら絶対にやってはいけないこと3選

本章では、会社をクビになった場合に絶対にやってはいけないこと3選を紹介します。

会社をクビになったショックで、苦しい、悔しい気持ちは痛いくらい分かります。

でも、解雇になっても次のように、自分や他人を責めたり、もらえる権利を放棄してはいけません。

会社をクビになった場合に絶対にやってはいけないこと3選

  • 自分を責めること
  • 会社や上司の悪口を言う
  • 退職理由や条件に泣き寝入りすること

それぞれについて解説します。

自分を責めること

会社をクビになってたとしても、自分を責める必要はありません。

なぜなら、解雇になったのは会社と自分が合わなかったからです。

恋人と価値観が合わなくなって、別れるようなものです。

自分を責めても自己評価と自信を下げるだけで、前に進む気力なんて出てきません。

実際に、過去に試用期間で解雇になった私は、クビになって毎晩泣いていました。

自分をひどく責めて、不安に押しつぶされて壊れてしまいそうでした。

でも、ある日、自分を責めても意味はないと気づいたのです。

大切なのは、クビになったことを良い機会と捉えて、前に進むことです。

そこから、私は自分責めを止めることができました。

自分を攻撃しても、何もメリットはありません。

責めなくていいのです。

会社や上司の悪口を言う

会社や上司の悪口を言うことはやめましょう。

また、会社の外で愚痴ること、SNSで発信することも避けましょう。

なぜなら、バレたら後でトラブルになる可能性があるからです。

最悪の場合は、次の就職ができなくなる場合があります。

実際に、転職の面接で、前職の悪口を言ってしまい面接が上手くいかないケースは多いです。

しかし、解雇に対して文句の一つでも言いたくなることもあるでしょう。

悪口を言いたくなったら、紙に書き出しましょう。そして紙は燃やしてしまいましょう。

過去に試用期間で解雇になった私は、この方法で自分の気持ちを落ち着かせていました。

このように、会社や上司への誹謗中傷がばれると、次の就職ができない可能性があるので注意しましょう。

退職理由や条件に泣き寝入りすること

会社をクビになったら、退職理由の確認や条件、お金について泣き寝入りしてはいけません。

多くの場合、会社の都合で解雇になるのだから、あなたには会社と話して権利を主張していいのです。

会社に申し訳ない、面倒だから、会社と交渉しないことは非常にもったいないです。

特に次の項目については、会社と交渉しにくいと言われています。

会社をクビになって、多くの人が泣き寝入りしてしまうこと3選

  • 解雇予告手当を確認すること
  • 有給休暇の消化
  • 仕事の引き継ぎについて

それぞれ詳しく解説します。

解雇予告手当の有無

解雇予告手当とは、退職日から1ヶ月以内に解雇を告げられた場合、与えられる手当です。

本来、解雇をすることは解雇日の1ヵ月以上前に従業員に伝えないといけません。

しかし、退職を言い渡された日から退職日までが30日未満の場合があります。

そのような場合、会社側は従業員に対して解雇予告手当を払わないといけません。

たとえば、4月30日が解雇日ならば、通常は3月31日までに解雇予告をしなければいけません。

しかし4月15日に解雇予告された場合は解雇日から30日未満のため、約15日分の解雇予告手当を受給できる可能性が高いです。

このように解雇日から1ヵ月未満で 解雇を言い渡された場合は、解雇予告手当をもらえるか、会社に必ず確認しましょう。

有給休暇の消化

有給の消化は注意が必要です。

なぜなら、会社によっては有給の扱いを認めない場合があるからです。

有給については、退職日までに有給を消化するケースと買い取りをするケースが挙げられます。

おすすめは、退職日までに有給を消化するケースです。

なぜなら、有給消化は労働者の権利として認められていて、会社は拒否することはできないからです。

労働者の権利ですから退職間際の年休の申請に対して拒むことはできません。厚生労働省(東京労働局より)

有給消化は遠慮せず、積極的に申請してください。

一方で有給の買い取りは企業の義務ではないため、企業は有給の買い取りを拒否できます。厚生労働省(長野労働局より)

つまり、従業員の有給が残った状態で退職すれば、有給がなかったことにされてしまう可能性があります。

有給の扱いについては、会社に事前に確認しておきましょう。

会社が有給の買い取りをしてくれない場合は、退職日までに使い切ることがおすすめです。

仕事の引き継ぎについて

仕事の引き継ぎについて、会社の同僚、上司に確認しましょう。

なぜなら、引き継ぎをだけすませてしまえば心残りなく会社を離れられるからです。

解雇が決まった直後は、同僚や上司とも気まずい雰囲気になります。

そのため、職場として引き継ぎの話をすることがためらわれる傾向にあります。

実際に、過去に試用期間で解雇になった私もクビが宣告された日から、同僚から話しかけられなくなりました。

もうその場から今すぐにでもいなくなりたいと思うほど、重苦しかったです。

耐えきれず、非常階段で何時間も泣いたこともあります。

しかし、今思うと、さっさと最低限の引き継ぎをして会社をやめればよかったと後悔しています。

気まずくても同僚に最低限の引き継ぎだけして、さっさと会社から離れていいのです。

会社をクビになった場合のよくある質問

本章では、会社を首になった場合のよくある質問について解説しています。

能力不足で会社を解雇になることはありますか?

能力不足で会社からクビになることはあります。

労働者がその職務を適切に果たす能力が不足していると判断された場合に行われます。

実際に、本ブログを運営する私は、会社の経営状況の悪化と能力不足という2つの理由で解雇になりました。

よっぽどのことがないと試用期間で解雇になることはないといわれますが、それは大きな間違いです。

企業は簡単に能力不足を理由に従業員を解雇にできます。

会社をクビになったのですが転職できますか?

会社をクビになっても転職して、良い企業に入ることは可能です。

実際に過去に試用期間で解雇になった私、ザキゆきちは会社をクビになって人生終了とさえ思っていました。

しかし、キャリアコーチングや転職エージェントを使い倒して、転職活動に成功しました。

年収は240万円アップして、年間休日125日もあるホワイト企業に転職成功できたのです。

会社をクビになっても、絶対に仕事探しはうまくいきます。

解雇になった私が転職成功するコツを次の記事で解説しています。

ぜひ参考にしてみてください

【あわせてよみたい】試用期間でクビから転職成功した方法を大公開【年収240万円アップ】

不当解雇はありえますか?

実際に不当解雇は存在します。

不当解雇とは、会社が要件を満たさないまま、または理由のないまま従業員を解雇することです。

労働法では、会社は従業員を解雇する際に一定の手続きを守り、正当な理由を明示しなければいけません。

不当解雇を疑われる場合や不明な点がある場合は、専門の労働相談機関や弁護士に相談しましょう。

専門家に不当解雇を相談する場合、解雇通知、勤務態度、給与明細等の証明書を用意しておくとスムーズに相談できるでしょう。

あなたを必要としてくれる会社は必ずある

あなたを必要としてくれる会社は必ずあります。

会社をクビになったショックで自分は社会的不適合者だと思っていませんか?

できなかったことを後悔したり、失敗した自分を責めていませんか?

しかし、会社を解雇になったのは、会社とあなたの相性が悪かっただけです。

合わない会社から離れられたので、次こそ必要としてくれる企業に必ず出会えます。

過去にクビになった経歴があっても、転職は上手くいきます。

実際に、過去に試用期間で解雇になった私は、失意のどん底で自分は会社員に向いていないんだとさえ思いました。

しかし、転職エージェントのサポートもあり、自分の気質や得意を理解してくれる企業を紹介してもらえました。

おかげで、私を認めて応援してくれる企業に出会えました。

人材のプロに本当に助けられたのです。

本章では、過去に会社をクビになった私が利用した転職エージェントサービスをご紹介します。

転職エージェントの手厚いサポートで、私は解雇という経歴を公開しつつ年収240万円アップして転職成功できました。

ぜひ参考にしてみてください!

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

1つでも登録しておけば、自分を必要としてくれる企業に就職できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次