解雇されたら再就職は難しい?転職不利を変える方法を伝授【実体験】

解雇からの転職不利を変える方法のイメージ図

本ページはプロモーションが含まれます

こんにちは、試用期間クビからホワイト企業へ転職成功したザキゆきちです。

本記事では、解雇になったら再就職が難しいと言われる理由と転職を有利にする秘訣について解説しています。

ところで、一度クビになったら再就職は厳しいため人生終了だと考えていませんか?

前職だけではなく、家族にもクビがバレる可能性もあるので覚悟しなければいけません。

事実、転職活動中の面接や書類から前職の解雇がバレて内定取り消しになるケースがあります

さらに解雇の事実を隠して入社できても、転職先で前職のクビが知られると、経歴詐称と言われる可能性が大きいです。

最悪の場合は転職先の会社から訴訟されるかもしれません。

このような事例があるため、クビになってから再就職するなんて無理と考えてしまう人は多いです。

しかし、それは間違いです。

過去に試用期間でクビになった私、ザキゆきちは年収240万円アップしてホワイト企業に転職できました。

転職成功した経験から、クビからの再就職でいい企業に入るためにできることを紹介します

今回の内容を理解すれば、前職で解雇による退職だったとしても、転職活動を有利に進めることができるようになります。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

本記事の最後には、試用期間でクビになった私にも、次々にオファーがやってくる転職サイト、転職エージェントサービスについて紹介しています。

ぜひご覧ください。

目次

解雇でも再就職は必ずできる!人生終了ではない!

解雇になっても再就職は必ずできます。クビになっただけでは人生終了にはなりません。

一般的に、解雇になった経緯や理由をしっかり説明できれば採用されるので安心してください。

実際に試用期間で過去にクビになった私、ザキゆきちは、転職活動で解雇になったことを正直に話しています

履歴書にも書いており、面接の場でも丁寧に伝えることが大切だと考えています。

クビになったという自分の失敗談を話しますが、実は採用担当者の印象がいいのです。

採用担当者からしても、クビになったという嘘を隠されるより正直に話してくれたほうが求職者を信頼できるというものです。

そのため、転職理由や解雇が原因で選考で落ちることはありません。

会社を解雇になっても再就職は必ずできるので、諦めずに次の仕事を探しましょう。

解雇は再就職先でばれるのか?

解雇になったことは、次の転職先にばれる可能性があります。

バレるタイミングは3つ考えられます。

解雇が再就職先でバレるタイミング3選

  • 応募書類
  • 面接
  • 前職への照会

このように、思わぬところで解雇が転職先に判明するリスクがあるのです。

前提として、無理をして言う必要はないですが、面接時にクビになった背景や実情を正直に話すようにしましょう。

これらを踏まえて、解雇が再就職でバレるタイミングや対策について、ご紹介します。

応募書類や提出書類

転職活動中は、履歴書や職務経歴書を提出します。

また入社が決まると会社によっては離職票や雇用保険受給資格者証の提出を求められます。

離職票や雇用保険受給資格者証の書類から、再就職先で解雇がバレる可能性があります。

たとえば、離職票や退職証明書の場合は、離職理由を記載する項目から解雇が判明します

解雇理由が面接で聞いていた内容と違う場合は、詐欺と思われるかもしれません

内定取り消しになるケースがあるので十分に注意しましょう。

そのため、変に経歴は詐称せずに公開していきましょう。

実際に試用期間でクビになった私は、履歴書で解雇を公開して転職活動をしていました。

おかげで、企業から私は誠実な対応を評価されました。

そして年収240万円アップして中堅ホワイト企業に入社できたのです。

試用期間で解雇になった場合の履歴書の書き方について、こちらの記事で解説しています。

【あわせて読みたい】試用期間で解雇になったら履歴書にはどう書く?【実際の履歴書公開】

面接

転職活動の面接の場では、退職理由を聞かれることが多いです。

退職理由を聞かれた場合は、解雇のことを話さないといけません。

解雇のことを伝えなかった場合、入社後に経歴詐称となる可能性があります。

最悪の場合は、懲戒解雇となり、訴訟になることも覚悟しないといけません。

一方で、もし転職先の会社から離職理由を聞かれなかった場合、自ら解雇のことを話さなくても実は経歴詐称にはなりません。

ただし、実際の転職活動ではほとんどの一次面接で退職理由を聞かれました。

書類で解雇がバレなくても、面接の場で判明すると覚えておくといいでしょう、

会社側から離職理由を質問された場合には、正直に答えないといけませんので注意しましょう。

前職への照会

会社によっては、求職者の前の職場に連絡して退職理由を確認することがあります。

これを前職調査と言い、主に金融機関や外資系企業で多い照会です。

前の職場への確認によって、解雇がバレることも考えられます。

ただし、前職の会社が本人の同意なしで、別の会社へ解雇の件を伝えることは違法です。

そのため、前職調査によって解雇がバレる可能性は低いと考えられます。

クビになったら再就職は難しい言われる理由3選【対策あり】

クビになったら再就職は難しい言われる理由が以下の3つです。

  • 求職者に問題があると企業が判断する可能性があるから
  • 解雇のショックで自信を失っているから
  • キャリア相談せずに焦っているから

これらの理由を全て解決できれば、転職活動は必ず成功します。

求職者に問題があると企業が判断する可能性があるから

1つ目の理由は、クビになった原因として「求職者に問題がある」と企業が判断する可能性があるからです。

なぜなら、クビになる理由の1つに能力不足が考えられるからです。

能力不足とは、退職理由の1つで、従業員が会社の意向に沿わない、仕事の成果が出ないことによる退職を指します。

能力不足による退職の場合、一部の人事担当者は、うちの会社でも仕事ができないのではないかと考えて選考を落とす場合があります。

しかし、実際は前職で能力が発揮できなかったからといって、選考をしない企業はごくわずかです。

なぜなら、そもそも会社によって担当業務は異なりますし、前の職場と今の職場では環境がまったく異なるためです。

そのため、1つ目の理由に関しては必要以上に心配する必要はありません。

解雇のショックで自信を失っているから

2つ目の理由は、解雇のショックで自信を失っているため、転職活動が上手くいかないケースがあります。

なぜなら、次の仕事が本当に見つかるのかという不安や、お金の不安が常に付きまとっているからです。

転職活動に集中できず、選考が通らなかった場合も必要以上に落ち込みます。

実際に試用期間で解雇になった私は、 面接の場で自信を持って答えることができず一次面接で落ちる時期がありました。

面接で落ちて、ネガティブにもなるので、まさに負のループです。

対策としては、自分が何に不安を持っているのか書き出してみることがおすすめです。

家族に解雇がバレる恐怖、お金が減る焦り、将来への不安など、すべての不安を洗い出しましょう。

そして、それぞれの不安に対して対応策を考えましょう。

少しでも不安な要素が減れば、自信を取り戻し転職活動に集中することができます。

クビになって目の前が真っ暗になっても、転職活動では自信を持って振る舞いましょう。 

堂々とふるまうことが一番の面接対策です。

キャリア相談せずに焦っているから

最後の理由はキャリア相談をせずに焦って転職活動をしているからです。

一刻も早く転職をしようと思って、十分な自己分析や企業研究をせずに転職活動をすることは、とても危険です。

仮に入社できたとしても、次の会社でも相性や条件が合わず解雇になる可能性も十分に考えられます。

同じ過ちを犯さないためにも転職活動をじっくり行うことが転職有利になる一番の近道です。

過去に試用期間で解雇になった私はキャリアコーチングにキャリア相談をして、自分の将来の方向性を見つけることができました 。

おすすめのキャリアコーチングは、ポジウィルキャリアです。

私は無料カウンセリングを受けただけで、悩みがかなり解決されて、結果的には、年収240万円アップして転職に成功できました。

ポジウィルの無料カウンセリングの体験談は、次の記事で紹介しています。

【あわせて読みたい】ポジウィルの評判が怪しいは嘘!無料カウンセリングで年収アップを実現!

ポジウィルキャリア公式HP:https://posiwill.jp/career/

【実体験】試用期間でクビや普通解雇なら転職不利にならない

試用期間で解雇になった場合、普通解雇なら転職不利にはなりません。

 その理由について本章で解説していきます。

  • 雇う企業側にも落ち度があるから
  • 解雇について説明できれば問題ない

雇う企業側にも落ち度があるから

試用期間でクビ、普通解雇は、採用した企業と求職者のミスマッチによるものです。

言い換えると、企業側にも従業員の能力や気質を業務に活かせなかった企業側にも落ち度があります。

ある1つの会社で合わなかったからといって、他の会社でも仕事ができないということはありえません。

これから採用を考えている企業の人事担当者も理解しているので、解雇になったことを必要以上に負い目に感じる必要はありません。

試用期間で解雇になったり、普通解雇になったりした場合は、雇った企業側にも責任があるので転職不利にはなりません。

解雇について説明できれば転職不利にならない

試用期間で解雇になった経緯や普通解雇の理由を率直に話すことができれば転職不利にはなりません。

なぜなら、人生の汚点と考えられる解雇について正直に話せる人は貴重だからです。

自分の失敗を反省しつつ、次に活かす姿勢を示すチャンスです。

謙虚な対応を人事担当者にアピールできれば、面接など好印象を与えられます。

 大切なことはどのように退職理由を伝えるかということです。他責せず、正直に伝えると選考が通りやすくなります。

事前に解雇になった経緯を話せるように準備しておきましょう。

クビからの再就職活動で注意すること3選【経験者からアドバイス】

前職でクビになってから再就職を目指すにあたって、注意することは下記の3点です。

  • 履歴書に【会社都合による退職】と記載する
  • ポジティブな転職理由を言えるように事前に準備する
  • 面接の場で解雇について愚痴らない

仕事探しに自信がない方ほど実践してもらえると、転職活動が一気にスムーズになります。

履歴書に【会社都合による退職】と記載する

履歴書には会社都合による退職と記載しましょう。

なぜなら、一身上の都合による退職だと自らの退職と勘違いされる可能性があるからです。

自らの退職だと短期離職となり、企業は採用を見送るかもしれません。

結果的に、転職活動がうまく進まない可能性があります。

あくまでも会社都合による退職であることを書類選考の段階で先方に伝えることが大切です。

解雇になった場合の履歴書の書き方は、【あわせて読みたい】試用期間で解雇になったら履歴書にはどう書く?【実際の履歴書公開】解説しています。

 

ポジティブな転職理由を言えるように事前に準備する

ポジティブな退職理由(転職理由)を言えるように事前に準備しましょう。

大切なことは、解雇になったというネガティブな退職理由に加えて、ポジティブな転職理由を伝えることです。

この転職理由とは、転職の軸と言われます。企業を選ぶ自分なりの基準です。

【事例①:普通解雇+転職軸A】

以前の会社では事業の業績悪化のため、普通解雇となりました。

前職では、接客のスキルを磨き、お客様に喜んでもらえる仕事に誇りを感じていました。

お客様ファーストを企業理念にしている御社で、磨いてきた接客術を発揮したいと思います。

【事例②:試用期間解雇+転職軸B】

前職では、能力不足を理由に試用期間をもって期間満了となりました。

なぜなら前職の新規開拓に力を注ぐ営業スタイルは自分に向いていなかったからです。

御社のように反響のあったお客様にアプローチする方が、自分の信頼関係を大切にする営業スキルが役立つと考えています。

このようにマイナスをプラスに変えられる思考をアピールできると面接で有利です。

他の応募者よりも抜きんでることができるので、より内定獲得に近づきます。

面接の場で解雇について愚痴らない

面接の場では、解雇になった事実は伝えても愚痴を言うことは避けましょう。

前職の愚痴を言う人は、信頼されないため採用されません。

なぜなら、採用して退職をした際に、自社の悪口を言われるかもしれないと危惧されるためです。

いっぱい言いたいことがあっても、面接の場では我慢しましょう。

よくある質問

本章では、解雇から再就職する時によくある質問について解説しています。

ぜひ参考にしてください。

会社都合の退職は転職先でバレますか?

会社都合の退職が、次の転職先でバレることはないでしょう。

なぜなら、次の会社へ会社都合の証明等を提出することはないからです。

ただし、退職した理由や経緯は、転職面接で必ず質問されます。

転職活動を成功させるためには、退職理由を明確に伝え、自己PRや経歴、スキルをアピールすることが大切です。

このように、会社都合の退職が転職先でバレることは少なく、正直に退職理由を伝えることが重要です。

次こそあなたに合う会社が見つかる!

転職活動をしっかり準備して質のいい企業を選べば、あなたに合う企業は必ず見つかります。

一度解雇されても再就職が難しいことはありません。

しっかりと事前に準備しておけば、面接官に何を聞かれてもある程度は答えられますし、クビになったことを正直に話せるでしょう。

しかし、実際に自分に合う企業を見つけることは専門家がいないと難しいです。

妥協をすると、また解雇になって再就職失敗を繰り返してしまうかもしれません。

そのような最悪の状況を避けるために、転職の専門家である転職エージェントに相談することがオススメです。

大手の転職エージェントなら厳選された数万社の求人から、自分に合った企業を紹介してもらえます。

また自分からも質の高い求人へ応募することができます。

人によっては、企業からスカウトが来て、最短3日で内定を獲得できます。

実際に試用期間でクビになった私にも、毎日スカウトメールやオファーが届きます。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次