【実体験】求職活動実績の裏ワザ3選!前日までに実績を作る方法を解説!

求職活動実績の裏ワザ3選のイメージ図

本ページはマイナビを含むプロモーションが含まれます

こんにちは、求職活動実績を1日で作って、失業手当をもらったザキゆきちです。

本記事では、実際に通った!求職活動実績の裏ワザを解説します。

求職活動実績って何!?

やばい!失業手当をもらえない!どうすれば今すぐ作れるの?

何もやってないけど、今から間に合う?

このように、失業手当の認定日前に焦っていませんか?

求職活動実績は、失業手当を受給するために絶対に必要です。

実際に、失業手当の認定日には、実績を申請します。

申請ができないと、失業手当をもらえません。

今回は、認定日前日にもできる、求職活動実績の作り方を伝授します!

失業手当を受給していた私が使った、実績を作る裏ワザを大公開します。

なお、今すぐに就職活動実績が欲しい人は、次の転職サイトに登録しておきましょう。

たった3分で登録して、求人に応募するだけで求職活動実績として認められます。

目次

【実体験】求職活動実績を1日で作って、失業手当をもらった

本ブログの運営者の私は、求職活動実績をたった1日で作って失業手当をもらいました。

しかも、失業手当の認定日前日の午前中に実績を作ったのです。

もしかしたら、ハローワークの職員に変に思われるかもしれない、どうしようとビクビク怯えていました。

嫌すぎて、当日はハローワークにすごく行きたくなかったです。

でも、認定を受けないと失業手当をもらえません。

だから、嫌々ながらもダメ元で求職活動実績を作って、ハローワークへ認定に行きました。

しかし実際は、ハローワーク職員に全く怪しまれることなく、失業手当が認められたのです。

そして、認定日から1週間後に失業手当が振り込まれました。

このように、認定日前日の求職活動実績でも、全く問題ありません。

今回は、私の実体験をもとに、たった1日で求職活動実績を作る裏ワザを解説します。

ぜひ、簡単に求職活動実績を作って、失業手当をもらいましょう。

求職活動実績って何?

本章では、求職活動実績について解説します。

・求職活動実績とは?

・求職活動実績は失業手当の受給で必要

・求職活動実績は1回だけでいいの?

求職活動実績について知らないと、最悪の場合は失業手当をもらえなくなるので、注意しましょう。

求職活動実績とは?

このように、求職活動実績とは仕事探しをした実績のことです。

たとえば、転職サイトやハローワークでの求人検索、応募、面接を受けるなどの活動が含まれます。

また、仕事探しだけではなく、就職フェアへの参加や、面接対策のセミナー動画の視聴もカウントされます。

このように、仕事を探した実績を求職活動実績と呼びます。

求職活動実績がないと失業保険は受給できない!

そして、求職活動実績は失業保険を受給するために、必要です。

なぜなら、失業手当は就職したい人が、仕事が見つかるまでに受ける一時的な支援だからです。

求職活動実績は、失業認定申請書にどのような就職活動をしたのか書いて申請します。

申請が通ると失業手当が受給できる仕組みです。

一般的に、失業手当を申請する「認定日」前日までに、2回以上の申請で失業手当の受給が認められます。

求職活動実績の記入例

このように、求職活動実績は失業保険を受給する上で必須です。

求職活動実績は2回以上必要!

一般的に求職活動実績は2回以上の実績が必要です。

しかし、リストラや試用期間満期による会社都合退職の場合は違います。

初回の失業手当の認定日は、実績1回のみで失業手当がもらえます。

しかも、初回は雇用保険説明会に出席して、雇用保険を受給するための注意事項について説明を受けます。

この雇用説明会が、求職活動実績1回分にカウントされます。

そのため、会社都合退職で初回認定日は、自ら就職活動をしなくても失業手当が受給できます。

一方で、自己都合退職の場合は、雇用保険説明会も含めて3回の実績が必要です。

また、認定日2回目からは、退職理由に関わらず2回以上の実績が必要です。

会社都合退職自己都合退職
認定日1回目1回以上3回以上
認定日2回目以降2回以上2回以上
認定日ごとに必要な求職活動実績の回数

参考:厚生労働省(求職活動実績について)

失業保険の求職活動実績の裏ワザ3選

本章では、たった1日で作れる!求職活動実績の裏ワザを3つ紹介します。

  • ハローワーク就職支援の「動画配信サービス」を見る
  • 転職サイトに登録して、就職支援オンライン動画を視聴する
  • 転職サイトから求人へ応募する

すべて自宅でできて、オンラインで完結できます。

簡単に求職活動実績を作れます。詳しく解説します。

ハローワーク就職支援セミナー「動画配信サービス」の動画を視聴する

1つ目の求職活動実績の裏ワザは、厚生労働省のハローワーク就職支援セミナー「動画配信サービス」を視聴するだけです。

参考:厚生労働省(動画配信サービス)

これだけで、就職活動実績になります。

自宅で簡単に就職支援セミナーを受講できて、かなり楽です。

ただし、動画サイトに登録して、修了テストの正答率が70%を超えるともらえる修了証で求職活動実績として認められます。

参考:厚生労働省(求職活動実績について)

このように、動画配信サービスを利用して自宅で手軽に求職活動実績を積むことができます。

転職エージェントに登録して就職支援オンライン動画を見る

2つ目の裏技は、転職サイトの就職支援オンラインセミナーを視聴することです。

オンラインセミナーなら、転職に関する最新情報や求職活動の方法を無料で学ぶことができるからです。

たとえば、自分に合った職業の選び方や企業選定のポイント、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策など、様々な内容がまとめられています。

さらに、実績豊富で信頼性の高い転職サイトでは、専門的なアドバイスやエージェントによる個別相談も可能です。

オンラインならではの利点として、自宅や職場から参加ができ、時間や自己都合に合わせて受講できる点も魅力的です。

転職サイトを利用する際には、上記のワザを活かし、転職の成功を早めるために、検索や登録、オンラインセミナーの利用に励みましょう。

転職エージェントに登録して求人に応募する

ハローワークに限らず、転職エージェントの求人に応募することも求職活動実績になります。

なぜなら、転職エージェントは多くの求人情報を持っており、応募もサポートしてくれるため、効率的に求職活動ができるからです。

たとえば、転職エージェントに登録し、求人検索をして応募するだけで、求職活動の実績として認定されます。

転職エージェントを利用して、自宅で簡単に求職活動実績を積むことができます。

本ブログの運営者の私は転職エージェントを利用して、年収240万円アップしてホワイト企業に転職成功しました。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

求職活動実績が足りない!?前日までに求職活動実績を作る3ステップ

求職活動実績を認定日前日に作ることは簡単です。

転職サイトに登録して、求人に応募すれば、確実に求職活動実績になります。

本章ではたった3ステップでできる、当日に求職活動活動実績を作る方法を紹介します。

STEP
転職サイトに登録
STEP
2社以上の企業に応募する
STEP
求職活動実績に書く

完全無料で、今からすぐにできます。

【ステップ1】転職サイトに登録

まずは、転職サイトに登録しましょう。

転職サイトを利用すれば、簡単に求人に応募できます。

さらに、ハローワークの求人情報では見つからない、企業情報や、非公開求人を見つけられるでしょう。

また、オンラインで登録から応募まで完結するため、今から気軽に取り組むことができます。

本ブログの運営者の私も、認定日の前日中に求人サイトに登録して、2社に応募して求職活動実績にしました

いくつもの転職エージェントに登録しましたが、一番のおすすめはdoda です。

解雇になった私にも、次々と面接オファーが届きました。

doda を使って私は年収240万円アップして転職成功できました。

dodaを使って転職成功した実体験は、dodaエージェントのひどい評判は嘘!dodaで転職できた実体験!で解説しています。

【ステップ2】2社以上の企業に応募する

登録した転職サイトから、2社以上の企業に応募しましょう。

求職活動実績は、基本2回以上の実績が必要です。

求人サイトで気になる求人があれば、複数の企業に応募しましょう。

応募した企業の数が多ければ多いほど、求職活動実績が増えます。

【ステップ3】失業認定申告書に書く

転職サイトへの登録や応募を終えたら、失業認定申告書に求職活動実績を申請をしましょう。

そして、認定日にハローワークへ提出すれば、失業手当が受給できます。

求職活動実績には、応募した企業の名前、部署名、職種、電話番号を記載しないといけません

求職活動実績の書き方は、次の章で解説します。

求職活動実績の書き方

求職活動実績は、失業認定申告書の「ア 求職活動をした」の項目に実績を書きます。

求職活動実績の原本

セミナー参加や就職相談は上段の(1)に書いて、実際に求人に応募した場合は(2)に記載します。

求職活動実績の記入例

求職活動実績の基本の作り方5選

本章では、求職活動実績の基本の作り方を5つ紹介します。

確実に実績になるため、時間がある人は、基本の求職活動実績の作り方を試してみましょう。

・ハロワークの求人サイトから求人に応募

・転職支援セミナーや転職フェアに参加

・ハローワークで就職相談

・就職に必要な資格試験を受ける

・ハロワークの適職診断を受けてから、就職面接を受ける

詳しく解説します。

ハロワークインターネットサービスから求人に応募

ハロワークの求人サイトから求人に応募することは、立派な求職活動実績になります。

【参考】厚生労働省(ハローワークインターネットサービス)

なぜなら、ハローワークは国が運営する公的な求人情報サイトであり、多くの企業が求人情報を掲載しているからです。

たとえば、まずはハローワークの求人サイトにアクセスし、自分の希望する職種や条件に合った求人情報を検索します。

次に、求人に応募する際に必要な書類(履歴書や職務経歴書など)を用意し、応募手続きを行います。

その後、選考が進めば面接などの選考過程を経て、採用が決まります。

ただし、ハローワークの求人は転職サイトの求人よりも質が低いと言われています。

そのため、本気で仕事を探すなら、民間の転職サイトの方がオススメです。

ハローワークと転職サイトの求人の比較について「ハローワークと転職サイトは併用ダメ?」で解説しています。

転職支援セミナーや転職フェアに参加

民間の転職支援セミナーや転職フェアに参加することも、求職活動実績になります。

転職支援セミナーや転職フェアは多くの企業が集まる場です。

そのため、直接企業の担当者と話せるので、自分のアピールがしやすいでしょう。

さらに、イベント1回だけの参加でも、2つ以上の企業の企業説明を受ければ、求職活動実績2回にカウントされます。

これにより、自分の求職活動が成功に繋がる可能性が高まります。

ただし、セミナーやフェアに参加した「参加証明書」が必要になるので、注意が必要です。

ハローワークで就職相談

ハローワークの就職相談を利用すると、求職活動実績として認められます。

専門の職員が求職者をサポートしてくれます。

たとえば、求人情報の提供や応募方法のアドバイス、履歴書の書き方や面接対策など、幅広い支援が受けられます。

また、ハローワーク主催の求職セミナーや、職業訓練校についても知ることができます。

特に、職業訓練校に行くか迷っている人は積極的に相談するといいでしょう。

職業訓練に行かなかった私の経験談は、職業訓練に行かない方がいいって本当?【行くのやめた私の体験談】で解説しています。

ぜひ、参考にしてください。

就職に必要な資格試験を受ける

このように、就職に必要な資格試験を受けることも求職活動実績になります。

なぜなら、専門的な知識や技能を証明できる資格は、企業からの需要が高いためです。

たとえば、簿記やFPの資格、秘書検定などが有効でしょう。

仕事で必要であれば、どんな資格試験の受験でも、求職活動実績になります。

このように、間接的でも就職するための活動なら、求職活動実績として認められます。

ハロワークの適職診断を受けてから、就職相談する

ハローワーク公式の適職診断を受験してから、ハロワで就職相談をしましょう。

適職診断と就職相談によって、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

さらに、求職活動実績としてカウントできるので、一石二鳥です。

さらに、面接時にも自分の強みや適性をアピールしやすくなり、採用される確率が高まります。

ただし就職相談は1日に1回だけしか受けられません。

そのため、その日の就職相談は、求職活動実績も1回分としか数えられないので、注意が必要です。

適職診断はハローワークの職業相談窓口でも、インターネットでも受けられますので、ぜひ活用してください。

求職活動実績にならないもの4選

本章では、求職活動実績にならない4つの事例を紹介します。

  • 転職サイトへの登録だけ
  • 転職サイトへの登録だけ
  • 知人からの仕事の紹介
  • ハローワークの適性診断を受けただけ

詳しく解説します。

転職サイトへの登録だけ

このように、転職サイトへの登録だけでは、求職活動実績にはなりません。

なぜなら、実際の求人応募や面接など、具体的な仕事探しとは言えないからです。

また、転職サイトの登録だけでは、自分のスキルや経験をアピールする機会も得られません。

求人応募や履歴書を提出して、はじめて求職活動実績として記入できます。

このように、転職サイトの登録だけでは、実績としてカウントされません。

求人を検索しただけ

求人を検索しただけでも求職活動実績にはなりません。

なぜなら、求人検索は求職活動の第一歩であり、具体的な応募や面接を経験しなければ実績にはならないからです。

また、検索したことを求職活動実績として証明ができません。

大切なのは、実際に求人に応募したり、面接を受ける努力です。

このように、求職活動実績として認められるためには、求人検索から応募・面接といった具体的なアクションが必要です。

知人に仕事を紹介してもらった

知人に仕事を紹介してもらった場合も、求職活動実績とは認められません。

もし、知人に仕事を紹介してもらったなら、履歴書や職歴書を作って求人に応募しましょう。

または、面接を受けないと実績にはなりません。

しかし、履歴書や職歴書を1人で作るのは、かなり大変です。

本ブログの運営者の私も、履歴書や職歴書を書くのが嫌すぎて、苦しかったです。

でも、書かないと仕事に応募できない。

書こうと思っても、書けない状態でした。

このように、自分だけで履歴書や職歴書を作るのは、かなり大変です。

そこでおすすめなのが、キャリアコーチングを受けながら履歴書や職歴書を作ることです。

私はポジウィルキャリアの無料キャリアコーチングを受けて、履歴書や職歴書が大幅に改善されました。

そして、前職で試用期間のクビから、年収240万円アップしてホワイト企業に転職成功できました。

ポジウィルキャリアを使ってみた実体験は「ポジウィルの評判が怪しいは嘘!無料カウンセリングで年収アップを実現!」の記事で紹介しています。

ハローワークの適性診断を受けただけ

ハローワークの適性診断を受けるだけでは、求職活動実績としては不十分です。

なぜなら、適性診断は求職者の適性を見極めるだけのツールだからです。

ただし、適性診断の結果に基づいて、ハローワークの就職相談を受けると、求職活動実績となります。

また、適性診断の結果をもとに、求人への応募、面接を受けるといいでしょう。

このように、適性診断を受けたことは自己分析として有効ですが、求職活動実績にはならないので注意が必要です。

ハローワーク認定日の持ち物

ハローワーク認定日の持ち物は、次の4点です。必ず持参しましょう。

  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者証
  • 印鑑
  • 本人確認のできる証明書(免許証など)

必要書類や証明書を揃えておかないと、認定が受けられず雇用保険を受けられません。

注意してください。

雇用保険受給資格者証

このように、雇用保険受給資格者証は、失業者が雇用保険の給付を受ける資格があることを証明する書類です。

給付を受けるための条件や期間が明記されており、受給時には照明賞を提示しないといけません。

雇用保険受給資格者証のサンプル

【出典】厚生労働省(雇用保険受給資格者証の見方)

毎回の認定日に必要で、失業手当が終わるまで持っておきましょう。

失業認定申告書

失業認定申告書は、失業者が雇用保険の給付を受ける時に必要な申請書です。

失業状態であることを証明し、雇用保険の給付が適正に行われるために求められるからです。

失業認定申告書に、求職活動実績を自己申告しますので、必ず記入しましょう。

失業認定申告書

【参考】失業認定申告書

認定が認められると、次の失業認定申告書をもらって、次の認定日に提出します。

印鑑

印鑑は、失業手当の申請が認められたときに、署名の代わりに必要になります。

失業認定申告書の下の欄に、印鑑を押します。

本人確認のできる証明書

本人確認のできる証明書は、失業手当の申請で必要です。

たとえば、免許証やパスポートなど、写真付きの証明書をハローワークに提出することで、本人確認が行われます。

このように、本人確認のできる証明書は失業者にとって重要な書類となります。

求職活動実績でよくある質問

求職活動実績について、よくある質問3つを紹介します。

認定日前日までに求職活動実績が作れなかったらどうなりますか?

認定日前日までに求職活動実績が作れなかった場合、失業保険の受給が認められません。

そのため、失業手当の給付が受けられないです。

なぜなら、失業保険の受給には一定の求職活動実績が要求されるためです。

たとえば、ハローワークでの求人検索や応募、面接などの活動を行うことが求職活動実績として認められます。

ただし、認定日までに活動ができなかった場合でも、きちんと事情を説明すれば問題ありません。

遅れた分の活動を行うことで、受給を延期できます。

まとめると、認定日までに求職活動実績が作れなかった場合は、できるだけ早く活動を行い、ハローワークに説明を行うことが望ましいです。

認定日にハローワークに行けないのですが、どうすればいいですか?

認定日にハローワークに行けない場合は、電話で事前に連絡して、都合の良い日に変更をお願いすることが必要です。

事前連絡せずに認定日に行かない場合、失業保険の受給がなくなる恐れがあるからです。たとえば、

病気や急な家庭の事情で認定日に行けなくなった場合、すぐにハローワークに電話し、状況を説明してください。

認定日にハローワークに行けない時は、必ず事前に連絡し、認定日を変更することが重要です。

失業保険をもらうために求職活動実績作ったふりをしたらバレますか?

このように、求職活動実績を偽装すると、確実にバレる可能性が高いです。

なぜなら、ハローワークが求職活動の実績をチェックし、不正があると判断されると、失業保険の受給が停止される場合があるからです。

たとえば、求職活動の内容や面接の詳細について問われた際、うまく答えられないと、不正が露呈する可能性があります。

このように、求職活動実績で噓をついて失業保険を受給するのは、やばいです。

バレた際のペナルティも厳しいため、正直に就職活動を申告しましょう。

求職活動実績を簡単に作って失業手当をもらおう!

求職活動実績がなくて、焦っていませんか?

失業手当もらえるか分からず、不安になっていませんか?

昨今は不正受給のチェックに厳しいため、求職活動実績もかなりチェックされているでしょう。

実績を作ったフリは、必ずバレるでしょう。

しかし、本記事で紹介した求職活動実績の裏ワザを利用すれば、実績は必ず作れます。

認定日前日までに間に合います。

本ブログの運営者の私も認定日前日に、就職活動実績を作りましたから(笑)

解雇になった私でも即日で登録できた、転職エージェントは次の通りです。

スクロールできます
ビズリーチマイナビ
エージェント
DODAハタラクティブウズキャリ
求人数
(非公開含む)
95,000件以上非公開110,000件以上2,000件以上非公開
対象年代20~40代20~30代20~50代主に20代主に20代
対象エリア全国全国全国首都圏、関西、
愛知、福岡
全国
スカウト機能ありなしなしなしなし
サポートの質 高い高い高い普通高い
特徴ハイクラス
向け
20代の転職
に強い
圧倒的な
求人数
未経験者
歓迎
既卒や
ニート向け
申込はこちら登録する登録する
登録する登録する登録する
転職エージェントの比較 ※マイナビのプロモーションを含みます。

ぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次